ベースの音で安全確認?

好きなバンドのこととちょっとの日常

ーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでもいいことをつらつらタラタラ書くのが

良いのか悪いのかは別として

 

 

 

 

想ったこと感じたことを書いておかないと

 

と一念発起したりする瞬間が来たりして

そういうのがたまに来る

 

 

忙しい。めくるめく。

仕事はじめて3ヶ月、生活が変わった。

そしたら暑い。何より。

7月だと。

 

 

 

世間は夏休み

 

故郷を思い出す。

わりと人やモノに固執執着しないし感傷に浸るタイプではないのだけれど。

 

 

地元に住んでいた頃、勉強するために毎日のように通っていた図書館とか、大きな橋を自転車で下った時の髪を通り抜ける風、蝉、グングン登る入道雲とか。

 

 

テニスコート、ラケット、転がったボール、

 

打ち込んだサーブがネットにかかった

ちょっとの遣る瀬無さ、

木陰、日焼け止め、制汗剤の匂いで満ちた部室

 

 

まだ誰も来ていない教室で解く

数学の方程式

 

 

あの頃がんばって覚えたけど、今はもう全然覚えてない、古文、漢文

 

英語の先生が怖かったこと、でも成績が良い子には優しかったので、必死で媚を売っていた。

1日に英語の授業が2コマあることについて

100回は友達と愚痴ったと思う。

 

 

 

 

 

あの頃も暑かった。

 

 

毎年毎年今年が1番暑いと思う。

そしてそれは然程変わりないのだといつ気づく訳でもなく。

 

 

繰り返して繰り返して繰り返して

 

 

あの頃好きだったもの、

今となっては

どうでもいい。

 

あの頃嫌いだったもの、

今となっては

大したことない。

 

 

 

 

色んなことを経験して、

達観して、したフリをして、

 

 

 

 

忙しいフリをして

 

 

そんなつまらない大人、ならないので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし最近褒められることが多い。

 

 

別に昔からわりと真面目で良い子共だったとは思う。

 

しかし褒められるのはあまり得意ではない。

なんて返せばいいか、判断しかねる。

 

謙遜と受け入れの天秤が難しい。

正直、やめていただきたい。

 

 

 

自分のことは好きだけど、人に認められたい訳ではない。いや、寧ろ、お前なんかにわかるかよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上を向いて歩こう by