読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベースの音で安全確認?

大学生。好きなバンドのこととちょっとの日常。ライブハウスに居ることが多いです。

6/27 ROCK梅雨

@梅田AKASO

 

梅雨真っ盛りの6月末。梅雨を吹き飛ばすという名目のもと

集められた3者。

 

MCの鬼頭ちゃんが言ってたように、

ライブ開始時刻が近づくと大阪に雨が降るという空気の読みよう。

傘を持って行ってなかった私としては迷惑な雨だったけど。

 

 

 

 

 

 

 

1番手、明日早朝から仕事があるらしいグッドモーニングアメリカの金廣くん。

 

登場するやいなや、「オウッ!アウッ!」(佐々木のしゃくり声の真似)

 

 

照明も控えめに、しっとりと歌い上げながら

 

「じゃ、あんまりみんな知らない曲を。」

 

a flood of circleの308をカバー。

 

曲後半には「今から亮ちゃんの真似しま〜〜〜す。」

 

 

割と悪意を感じずにはいられない歌い方に観客からは笑い声が。

 

ステージの袖に居る佐々木に

「似てねえわ!!!」と一蹴されてたけど

 

歌い方にかなり癖あるし真似するのも体力使うよなあ。笑

 

てゆうかほんと仲良いのが伝わってきて、嬉しかったです。

去年グドモと対バンした夏と秋のライブの記憶を思い出してました。

 

何歌おうかなあ〜〜と悩んでいる金廣くんに観客から『忘れモノ!』の一言で

いいよ〜じゃあやろっか。と最後の曲を歌い上げて終了。

今度はもっとじっくり見たいなあ。

 

その場でリクエストに答えちゃう一種のユルさが 弾き語りの魅力だなあとしみじみ。。。。

 

 

 

◯セトリ◯

空ばかりみていた

308(a flood of circle)

AlisonElvis Costello

翳りゆく部屋 (松任谷由実

光となって

忘れモノ

 

 

 

 

2番手、単身で大阪に来た a flood of circle 佐々木亮介。

 

「どうも、俺です。」

 

「俺はしっとり、してないよ?」

 

金廣くんがつくったしみじみとした空気を一気にブチ壊し

 

それはまさに「アコギでロックンロールブチ込む」の形容。

 

「ようこそみんなROCK梅雨」

「金廣くん家にはいったことあるし」

「山田さんとはスナックいったことあるし」

「みんな3人仲良し」

 

あと、”802を抜け出して”って表現が好きだなあ。と思いました。

 

 

そしてそのまま I LOVE YOUへ。

間奏では「ヘイ!ヘイ!言うだけの簡単な仕事なんで!笑(言え)』

と観客全員巻き込む気満々。

 

 

 

 

 

金廣くんに真似された時の気持ちが、「言葉にならない」

 

この日一番綺麗な歌声。

 

彼の歌声に、”透き通ってる”とか”綺麗”とかは別に求めてないけど

すごく伸びやかで、

「春の微風も 夏の日の匂いも 秋の空 冬の海」

の情景がリアルに浮かんでくるぐらいでした。

 

単純に、この人、歌うまいなあ。。。と。なんだその感想。

 

 

 

 

 

「世の中には、著作権というものがあるんだけど

 乗り越えていきたいとおもいます。」

 

 

 

さわおさんには、内緒だぜ!」

 

802のためにthe pillowsが書きゲストボーカルに呼んでもらった

レディオテレグラフィー。

 

そしてthe pillowsのアルバムに収録されているのはさわおさんのボーカルオンリーの音源というある意味のレア曲。

 

 

 

今年10周年で、ベスト盤をだして、a flood of circusっていうイベントをやるので是非来てください。最終的には会場に象が歩いてるようなカンジにしたいんで。

 

会場の笑い声に対して「マジだよ?マジでやるから。」

 

冗談やけど冗談にきこえないぜ。いくらかかるんだよ。

 

新曲、BLUE。弾き語りだとさらに爽やかさが増す。

 

 

そして新曲新曲と言いながら5/1から何回も聴いてしまっているわたしは

完全に歌詞を覚えてしまった。。。あるあるだな。。。

 

「さよなら、昨日までのBLUE」が好き。

 

 

 

 

f:id:WARPchange:20160628191352j:plain

 @afoc_official

 

 

 

金廣くんの物真似に対して、

「結構前からやってるけどあれは似てるの?』

 

観客からの「似てる〜!」に

 

「・・・マジかよ。傷つくわ。」と一瞬豆腐メンタルが垣間見えたのが。笑

 

金廣くんの物真似を用意しておらず悔し紛れに小声で「・・・ファイヤー。」

 

それは短パンの人や。

 

 

 

 

「802は大好きなんだけどROCK KIDSには呼ばれたことありません。」

 

。。。笑 呼んであげてください。

 

 

◯セトリ◯

 

ROCK梅雨BLUES

I LOVE YOU

言葉にならない(グッドモーニングアメリカ)

レディオテレグラフィー(the pillows)

BLUE

ファイト!(中島みゆき)

 

 

 

最後は THE BACK HORNの山田さん。

 

てゆうか転換の時間が数分しかないから

余韻にひたひたすぎてあんまり集中できていなかった。

このタイミングでビール飲み出したのもあるけど。

 

しかしイケメンだな。

 

山田さんの真似はできると髪をかきあげる真似をする佐々木亮介はおいといて、

 

イケメンだわ。はい。

 

てゆうか 「きょう〜きみと〜」っていう曲ふんわり鏡月の曲だったのか。

知らんかった。

 

 

 

そして 山田さんが

「カバーやります。」「花」

 

って言った時 あれ!?カバーやっていただけるんですか!?

と一瞬思ってしまった自分を心の中で殴りながら。

 

 

そりゃそうだよな!!!!!

 

世の中に 「花」っていう曲が何曲あるんだっていうな!!!

 

きっと少なく見積もっても1000曲はあるよ!!!

 

いや〜〜〜〜〜人間の驕り!!ダメだな!!!

 

本当に全力で すみませんでした!!!!

 
 
 
 
 
 
アンコールは 「コバルトブルー」
 
 
 
激しく唸るギター、ギター、ギター。
管轄入れずにやってくる二人のギターと二人の歌声。
 
ギターと声だけの弾き語りだからこそ
誤魔化せないし、体当たりでぶつかっている感じがする。
人間1人でどこまでやれるかが問われている感じがする。
 
 
 
 
そんな 弾き語りが好きだなー。
 
 
 
 
 
 
 

f:id:WARPchange:20160628192132j:plain

@RK802YUME 
 
 
 
かなり豪華な夜だった。
 
 
 
そして、8月の弾き語りを楽しみに待つのだ。。。つづく