読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベースの音で安全確認?

大学生。好きなバンドのこととちょっとの日常。ライブハウスに居ることが多いです。

--------->


青年と走る鉄塊は交差して
赤黒い物体と駅のホーム
復旧を告げる放送を聴きながら
その光景を持って身震いする

延着の紙面を請うて、長い列
零コンマ数秒で片付く命
「ご足労様です」と嘲笑して
青年に俯瞰されてる気がした





f:id:WARPchange:20160522154321j:image


それでも明日はなんども
必要に俺を呼ぶのだ
随分と長い間待たせたそのお詫びに
理想でも土産に持って行こうかい

考えすぎて馬鹿になって
発狂しすぎて普通になって
so that's killed me歌うとは
失望の望を怒鳴ることさ

思い出すのはあの人のこと
ふと、夜空を見上げたら
月の砂塵が目に入って
涙が一筋







お母さんが笑った顔
お姉ちゃんが弾くピアノ
月の砂塵が目に入って
涙が一筋





結局捨てれんかった
恥やら外聞も人間だもんね
しょうがないさ













時間は過ぎてくその現実に
眼球をいつまでそらすつもりか
逢えない誰かを想うとは
失念の念を贈ることさ

心で歌うな喉で歌え
オンボロになって初めて見える価値
so that's killed me歌うのだ
失望の望を怒鳴るのだ