読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベースの音で安全確認?

大学生。好きなバンドのこととちょっとの日常。ライブハウスに居ることが多いです。

3/4 AFOC×佐々木亮介 "The Deep Blue Night"

@新宿LOFT

先攻、佐々木亮

当然ながらお1人で出てくる。


「あ、どーも前座の佐々木亮介です」


この人はステージに立ってる時は無敵だな〜〜〜〜と思った。無敵っていうか、何もかも受け入れたくなる感じ、こっちが。だってすぐに引き込んでくれるんだもん。ギター鳴らしてマイクに声を入れれば、ハイ そこはもう "佐々木亮介"の出来上がり〜〜〜〜!!! 俺です〜〜〜〜!!



実質の久々のワンマンだから、みんな佐々木亮介が好きなのがガンガン伝わってくるし、なんかもう終始ニッコニッコ フワッフワしてる。弾き語り音源を出したばかりの"新人アーティスト佐々木亮介"と"a flood of circle佐々木亮介"との間で佐々木亮介のキャラもフワッフワ。



UNISON SQUARE GARDENの田淵くんと呑んだ時に、"佐々木くんはもうちょっと同年代の友達を作ったほうがいいよ?って言われました。」








「田淵くんも友達少ないんですけどね」


お前から出てくる友達の名はいつまで経っても田淵だな〜〜〜〜〜〜!!!!!!はやく対バンして!!!!!??????



f:id:WARPchange:20160320031232j:image





「ちょっとっていうか かなり季節外れなんですけど..... 」



"新宿駅改札の旅行屋の前はまるで楽園みたい"



"何を手に入れるかは後でもいいんだ
 何を捨てられるのかって話"

"死にたい理由を並べると いつの間にか
 生きたい理由になってくのは
 不思議なことじゃない"


オーロラソングはラヴソングなのに、
恋とか愛とか関係なく、みんなそれぞれがそれぞれの想いを持って生きている、と感じさせてくれる曲だなぁと思った。



ステージで歌う佐々木亮介と、観客を傍観しながら、ここにいる人 1人1人に人生があって生活があって、でも音楽が好きで、なんとか日程合わせて、こうやって新宿LOFTに集まりました。 って単純に見ても凄いことだと。



今を生きてるなぁーーと感じました。
そして私は私の オーロラソング を見つけたいな。



"君は今を生きてんじゃんか  さあ 行こうぜ"






弾き語りでは初めて聴いたレディオテレグラィー、良かった! ピロウズとのコラボ音源は、佐々木亮介のアクが強くて完全に佐々木亮介の曲になってたもんなー。まあ 今日もボーカル、佐々木亮介しか居ないわけで。いつからか 彼の曲に成り代わっちゃうのだ。慣れてるから分かんないだけで、実は 佐々木亮介ってかなり癖が強い!笑 

ピロウズ大先輩のこと可愛がってもらってるサングラスのおじさん3人組って言っちゃったよ!笑 お前ももうおじさんだろ!


「ロックンロールっていったら 佐々木亮介ってさわおさんから言ってもらえて、一緒に歌わせてもらいました〜」



ピロウズのアルバムに 俺の声が全く入ってないレディオテレグラィーが収録されるんでよろしく。(笑)」


省かれた!!!笑 佐々木亮介、さわおさんによる アメとムチの攻撃!!80の大ダメージ!!!!!笑

佐々木verもどこかで音源化を....求む....






「今日 最高だね! もうこのあとフラッド出てこなくても良いんじゃないかな?」




"...えぇ〜〜...."


「え? ダメ? 佐々木じゃ足りない?」


(可愛い)





(こいつ己の可愛さ知ってんだろ)


超久しぶりに聴いたBLUES MANで弾き語り終了。この曲は投票全力でしましたわ。





「弾き語りやったらまたみんな来てくれる...?」


行く〜〜〜〜!!超行く〜〜〜〜!!!!
(我々は)(完全に)(調教された犬)
(そろそろ大人になれ)




 ◯セットリスト◯

スカイウォーカー
オーロラソング
月に吠える
レディオテレグラフィー(the pillows)
理由なき反抗
BLUES MAN




後攻、a flood of circle






ここで、AFOCは、はじまった。


序章の如く、ブラックバード。





そこからの光景は 



もう!!!!!って感じだった。(分からん



つーかぶっちゃけ、超 激しかった!(笑)

タカが外れたかのように踊り狂う観客と
序盤から汗ダラッダラにして歌う佐々木亮介。
揉みくちゃラッシュ!! フラッドのライブ激しい〜〜〜〜ロックンロールってこうでなきゃな〜〜〜〜と俯瞰の域に。いや渦中に居るんだけどね。





「今回リクエスト制ってことで普段演らない曲ガンガン演っていこうと思うんですけど。
あれだよね、1人1回にしなかったからこいつ1人で何回も入れてるだろって人居たね。(笑)」

「実はねー、もう1位の曲演っちゃったんだよねー。なんだと思う?.....泥水のメロディーなんですよ。」


「次の曲は2位の曲です。PARADOX!!!」



上がる〜〜〜〜!!!↑↑懐かしい〜〜↑



ニヤニヤしながら佐々木亮介が言う、


「次、何だと思う? 何でしょう」





「問題です」





!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




今日イチの盛り上がり、LOFT



素敵か!!!!!!素敵な夜か!!!!!何回素敵な夜提供してくれたら気がすむんだよ!!!!!これだから好きなんだよ!!!



もう 自分が何者だとかどうでもいいーーー!!!!!私は今ここに居るーーー!!!この夜が終わったら塵になってもいいーー!!!!(我ながら狂った思考だ)

の怒涛の嵐な1夜でした。



沼〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







◯セットリスト◯

ブラックバード
泥水のメロディー
青く塗れ
I LOVE YOU
PARADOX
Quiz Show
Human License
シーガル
プシケ
感光

En











帰り道に "BLUE"の看板を見つけてなんとも
Deep Blue Nightに相応しい幕を閉じました。

f:id:WARPchange:20160320030052j:image

(無関係です)