読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベースの音で安全確認?

大学生。好きなバンドのこととちょっとの日常。ライブハウスに居ることが多いです。

9/18 a flood of circle×Large House Satisfaction


@千葉LOOKー。

f:id:WARPchange:20150926012711j:image

熱かった熱かった熱かった熱かった熱かった


ラージとフラッドがツーマン。心踊る。
厳密には年末年始の下北で対バンは演ったけどね。


ラージ良かった!
お兄ちゃんの最前で顔近づけられまくって
悲鳴が漏れましたけど(心の中で)

ベースは近すぎだし
てゆうか顔に当たらないように必死

幕から何回も佐々木が顔を出して
ニコニコとラージのライブを観てましたよ。

Crazy Crazy名曲産まれたなぁ。




この日にギターのサポートがセイヤくんから交代。爆弾ジョニーのキョウスケくん。





はっきり言って、キョウスケくんがすげー良かった。サポート初日とは思えなかった。雰囲気もバッチリだし 荒れ狂うギタリスト、若さと衝動でグイグイ持って行っちゃうあの感じ。 でもやっぱり緊張感はあった。でもその緊張も自分のエネルギーになってた感じ、しっかりと。

テンションが上がっちゃったのか
滑っちゃったのか、佐々木の背中に
ぶつかり背中から倒れ、
仰向けになったままギターを弾く彼に
佐々木が笑う。


本来のギタリストってこうだよな〜〜〜〜!

ボーカルより目立ちたがるギタリストあるあるだよな〜〜〜〜(偏見)

良いサポートギターでした。
これからどうなるのかな、ウーーーン





んでまさかの新曲の花、演っちゃうし。

「新曲持ってきました」

ってええ???演っちゃうんだ????






"泥水の中でもがきながら 息をして生きている"

"誰かにあざわられようとも 息をして生きている"

"ここが戦場さ Sweet Home"

来年10周年を迎える
a flood of circleの今までの歴史を紡ぐ曲

「届け 届いてくれ」

ロックンロールが鳴り続ける限り
私はこの人から目を離さないでおこうと思った。

「この曲をラージに....いやラージに捧げるとか
  気持ち悪いから(笑)
  今日ここにきたあなたたちに
  捧げます。」


"まるで世界中がそっと 耳を澄ませている
 みたいな夜に
 コインランドリーに響くのは 
 僕が好きだったあのブルース"




一瞬で空気が変わる。


"胸の奥にあるメロディーと 
知ってしまった優しさは
思い出さないようにしなくちゃ
心を繋いでられたこと 次の朝が来るまでには
忘れていなくちゃ ああ

コインランドリーに響くのは 
君の好きだったあのブルース"


久しぶりの泥水のメロディーは
もう盛り上がりましたね。
一気に加速していく熱、熱。

「ラージに呼ばれた下北沢251のライブで
   フラッドが呼んだお客さんが0で
   でもお兄ちゃんが交通費くらいは
   出してやるよって言ってくれて。
   きょうは恩返しのつもりで来ました。」

や、やさしい!
やさしいよ!!!!泣


「千葉のロックンロール見せてくれ」



◯セトリ◯
ロックンロールバンド
One Shot Kill
STARS
Black Eye Blues
コインランドリー・ブルース
泥水のメロディー
シーガル
Golden Time






また演ってほしーー!
即急に!

f:id:WARPchange:20150926184703j:image