読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベースの音で安全確認?

大学生。好きなバンドのこととちょっとの日常。ライブハウスに居ることが多いです。

11/21 afocツアー松山 [cinema staff]

a flood of circleの対バンが
cinema staff

目を疑いましたね~

そして来ましたね~


松山 Double u stadio
f:id:WARPchange:20141122102301j:plain


今年出来たばっかりの新しいハコ。

驚きのキャパ100。
(正直想像が、、、)


でも入ってみたら結構スペースあって
いい感じ。最前の柵なし。
手を伸ばしたら普通に触れる距離。


そして、先攻はcinema staff


勢いよくイントロ、砂漠のマーチ。

私はほぼ三島さんしか見てなかったんですけど 笑

揺れる揺れる
飯田さん今日も美しい声、、、


cinemaは演奏はガンガンだけど
ボーカルの飯田さんの声が
かなり透き通っているのが特徴、

このちょうど良さ。笑

たまらん

tokyo surfでフロアも跳びはねると

奇跡からのborka。

この流れ何回かされてるんだけど
ほんと奇跡を神のように信仰心で
いっぱいにしている私は
毎回感情がぐちゃぐちゃです
(何が言いたいかと言うと、
奇跡という曲が良いということ)

奇跡はSALVAGE YOUってアルバムの1曲目に
収録されてます、はい


「奇跡はいらない。荷物になっちまうでしょう。」



「奇跡はいらない。踏み出せなくなるでしょう。」



「奇跡は起きない。理由がないからね。」


この曲ね、奇跡っていうわりには
歌詞ちょっと後ろ向きっぽいんですけど、
わたしはとっても前向きな歌だと思うんですよね。



「よそ見してけつまずいても、今さらだ。
振り向くことなかれ!」


というか前向きな歌だと思いたい。笑笑




そして、君になりたい

わたし久しぶりに聴いた気がする。

この上手く言えないけど、
不均衡そうなリズムの中で
バランス取れてる感じ。

決して踊れるような曲ではないんだけど
どうしようもなく
好みの曲。

(というか最近のとりあえず踊れる曲、盛り上がる曲作っとけ、ファンもとりあえず踊れる曲ならなんでもいいみたいな人たちには物議を醸したいですがね)


cinemaの曲は静と動のコントラスト。

激しさと衝動に身を任せながらも
しっかり感情をコントロールしている感じ。


great escape
この曲も定番だけど
背後からゾゾッとくる瞬間の音があるんですよね、
どこかは言わないけど。笑

いつもその音のタイミングなったら
ソワソワし始めます。笑

辻くんも床に寝そべりまくるわ
ギター弾かないわ
(辻くん!肩にかけてるそれは
弾くためのものだよ!!)

三島さんの音ばっかり聴こえる。笑
(ちゃんと弾いてるからね)

最前に柵がないので
フロアにどんどんやってくる。笑


最後のtheme of usでは

フロアに居た男の子にギターをかけ
ステージに誘導、そのまま
真ん中で最後のセッションさせる始末。

いや、無茶やろ!!!!!

でもそこが好き!!!!!!(盲目)


f:id:WARPchange:20141122105535j:plain



あと辻くんちっちゃいから、
やたらと見えてる?みたいなノリ。笑

飯田さん「クノも後ろで見えないから、後ろから見たら俺と三島のユニットに見えるんじゃない???笑 」

二人でえらいドギツイ重い音出すな。笑

あと出待ちしてたときに
三島さん写真とるとき
口を手で隠すポーズが可愛すぎて
発狂しそうになったけど目の前にいたから
必死で抑えた()


セトリ

1 砂漠のマーチ
2 tokyo surf
3 奇跡
4 borka
5 君になりたい
6 great escape
7 西南西の虹
8 theme of us