読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベースの音で安全確認?

大学生。好きなバンドのこととちょっとの日常。ライブハウスに居ることが多いです。

3/4 AFOC×佐々木亮介 "The Deep Blue Night"

@新宿LOFT

先攻、佐々木亮

当然ながらお1人で出てくる。


「あ、どーも前座の佐々木亮介です」


この人はステージに立ってる時は無敵だな〜〜〜〜と思った。無敵っていうか、何もかも受け入れたくなる感じ、こっちが。だってすぐに引き込んでくれるんだもん。ギター鳴らしてマイクに声を入れれば、ハイ そこはもう "佐々木亮介"の出来上がり〜〜〜〜!!! 俺です〜〜〜〜!!



実質の久々のワンマンだから、みんな佐々木亮介が好きなのがガンガン伝わってくるし、なんかもう終始ニッコニッコ フワッフワしてる。弾き語り音源を出したばかりの"新人アーティスト佐々木亮介"と"a flood of circle佐々木亮介"との間で佐々木亮介のキャラもフワッフワ。



UNISON SQUARE GARDENの田淵くんと呑んだ時に、"佐々木くんはもうちょっと同年代の友達を作ったほうがいいよ?って言われました。」








「田淵くんも友達少ないんですけどね」


お前から出てくる友達の名はいつまで経っても田淵だな〜〜〜〜〜〜!!!!!!はやく対バンして!!!!!??????



f:id:WARPchange:20160320031232j:image





「ちょっとっていうか かなり季節外れなんですけど..... 」



"新宿駅改札の旅行屋の前はまるで楽園みたい"



"何を手に入れるかは後でもいいんだ
 何を捨てられるのかって話"

"死にたい理由を並べると いつの間にか
 生きたい理由になってくのは
 不思議なことじゃない"


オーロラソングはラヴソングなのに、
恋とか愛とか関係なく、みんなそれぞれがそれぞれの想いを持って生きている、と感じさせてくれる曲だなぁと思った。



ステージで歌う佐々木亮介と、観客を傍観しながら、ここにいる人 1人1人に人生があって生活があって、でも音楽が好きで、なんとか日程合わせて、こうやって新宿LOFTに集まりました。 って単純に見ても凄いことだと。



今を生きてるなぁーーと感じました。
そして私は私の オーロラソング を見つけたいな。



"君は今を生きてんじゃんか  さあ 行こうぜ"






弾き語りでは初めて聴いたレディオテレグラィー、良かった! ピロウズとのコラボ音源は、佐々木亮介のアクが強くて完全に佐々木亮介の曲になってたもんなー。まあ 今日もボーカル、佐々木亮介しか居ないわけで。いつからか 彼の曲に成り代わっちゃうのだ。慣れてるから分かんないだけで、実は 佐々木亮介ってかなり癖が強い!笑 

ピロウズ大先輩のこと可愛がってもらってるサングラスのおじさん3人組って言っちゃったよ!笑 お前ももうおじさんだろ!


「ロックンロールっていったら 佐々木亮介ってさわおさんから言ってもらえて、一緒に歌わせてもらいました〜」



ピロウズのアルバムに 俺の声が全く入ってないレディオテレグラィーが収録されるんでよろしく。(笑)」


省かれた!!!笑 佐々木亮介、さわおさんによる アメとムチの攻撃!!80の大ダメージ!!!!!笑

佐々木verもどこかで音源化を....求む....






「今日 最高だね! もうこのあとフラッド出てこなくても良いんじゃないかな?」




"...えぇ〜〜...."


「え? ダメ? 佐々木じゃ足りない?」


(可愛い)





(こいつ己の可愛さ知ってんだろ)


超久しぶりに聴いたBLUES MANで弾き語り終了。この曲は投票全力でしましたわ。





「弾き語りやったらまたみんな来てくれる...?」


行く〜〜〜〜!!超行く〜〜〜〜!!!!
(我々は)(完全に)(調教された犬)
(そろそろ大人になれ)




 ◯セットリスト◯

スカイウォーカー
オーロラソング
月に吠える
レディオテレグラフィー(the pillows)
理由なき反抗
BLUES MAN




後攻、a flood of circle






ここで、AFOCは、はじまった。


序章の如く、ブラックバード。





そこからの光景は 



もう!!!!!って感じだった。(分からん



つーかぶっちゃけ、超 激しかった!(笑)

タカが外れたかのように踊り狂う観客と
序盤から汗ダラッダラにして歌う佐々木亮介。
揉みくちゃラッシュ!! フラッドのライブ激しい〜〜〜〜ロックンロールってこうでなきゃな〜〜〜〜と俯瞰の域に。いや渦中に居るんだけどね。





「今回リクエスト制ってことで普段演らない曲ガンガン演っていこうと思うんですけど。
あれだよね、1人1回にしなかったからこいつ1人で何回も入れてるだろって人居たね。(笑)」

「実はねー、もう1位の曲演っちゃったんだよねー。なんだと思う?.....泥水のメロディーなんですよ。」


「次の曲は2位の曲です。PARADOX!!!」



上がる〜〜〜〜!!!↑↑懐かしい〜〜↑



ニヤニヤしながら佐々木亮介が言う、


「次、何だと思う? 何でしょう」





「問題です」





!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




今日イチの盛り上がり、LOFT



素敵か!!!!!!素敵な夜か!!!!!何回素敵な夜提供してくれたら気がすむんだよ!!!!!これだから好きなんだよ!!!



もう 自分が何者だとかどうでもいいーーー!!!!!私は今ここに居るーーー!!!この夜が終わったら塵になってもいいーー!!!!(我ながら狂った思考だ)

の怒涛の嵐な1夜でした。



沼〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







◯セットリスト◯

ブラックバード
泥水のメロディー
青く塗れ
I LOVE YOU
PARADOX
Quiz Show
Human License
シーガル
プシケ
感光

En











帰り道に "BLUE"の看板を見つけてなんとも
Deep Blue Nightに相応しい幕を閉じました。

f:id:WARPchange:20160320030052j:image

(無関係です)


2/20 Getting Better 20th anniversary 大阪


2016年個人的初ライブ〜〜〜〜!!!!



f:id:WARPchange:20160303225111j:image



入るなり片平さんのDJ〜〜〜


楽しい〜〜〜〜〜〜久しぶりのライブだ
オーーイェーーアハーーン!!!!



トップバッターの
ヤバイTシャツ屋さんは大学生が頑張ってバンドやってる感がとても可愛かった!ベースの女の子の絶妙にブスなところとか!
頭文字大喜利で白けそうになりつつあった場の空気感を「フラッドのお客さんとかこういうのすごい嫌いだと思います〜笑」でまとめてたね。そんなに厳しくないよ。笑 
一部は知らんけど。


あつまれ!パーティーピーポーって曲を最初と最後に2回演奏した。
みなさんこの曲知らないとは言わせない
限られてる持ち時間で同じ曲2回演っちゃうのが面白いけど印象には残ったなー。メロコアバンドの3曲目くらいにある曲とか。タイトル凄いな。ジャンルレスな感じかなあ。お客さんいい意味で超馬鹿そう。何も考えてない子達って感じ。本人たちもそんな感じ。






HAPPY見るのは2年ぶりだった!
ひたすらにricくん可愛いbotだったのでricくんしか観てません。Lucyってもう演らなくなっちゃったのかなぁ?好きだったのに。




Large、千葉でのフラッドとの対バンぶりだった〜〜〜〜!!!!!!大興奮!!!!!
大興奮!!!!お兄ちゃんの汗浴びまくってしまった!!!!最悪だ!!!!!!いや最高だ!!!!!このボルテージ上がる感じ、これこれこれこれこれがロック!!!!もっと!!!もっとくれ!!!心臓バクバク!!!イエス!!これがライブ!!!


f:id:WARPchange:20160303233354j:image


って感じだった(!多いな)



申年だからリクエストにMONKEYってのも最高だし...またツーマンしてね

あと 片平さんdisが凄いMCだった。笑
.....笑えねえ。




a flood of circle トリでした。

幕が開くやいなや近すぎて
久々の佐々木亮介を直視できねえ!見れねえ!!と1人葛藤しながらBlood Red Shoesの美しい姐さんを堪能した。なべちゃんは佐々木の股間の間からしか見えなかったよ。(マジで)
シャングリラこんなにセンター近かったっけ....?




この日に
青く塗れ初めて聴いたね!(なんか意味わからん感じで勝手にラジオでオンエアされてたけど)

ライブで初めて聴いた曲ってそのバックグラウンドとかがかなり印象に残りがち。最近だと花も千葉で初対面だし そうだな〜ベストライドもそういやロッキンレディオだしそうだわ(近曲ほぼ全部じゃねぇか)



f:id:WARPchange:20160303232812j:image


ロンドンから帰ってきたロックンローラーでした。あり得ないくらいの汗をかいていました。
ネックレスから滴り落ちていく汗の粒が凄かった。あんなに普通の人なのに、なんだかんだステージの上だと、ギターを持ってると、歌ってると、超人だなとひしひしと感じました。


f:id:WARPchange:20160303233335j:image



  
何故だか 多難で、不安定で、ずっと同じメンバーでやり続けてるバンドとはやっぱり違うけど、何処かで あー、このバンド駄目だわってフラッドの曲を聴かなくなってしまった人も、昔からずっと好きで応援してる人も、最後にはこのバンドを好きでよかったと振り返ることができるんじゃないかと思いました。

いや、まだ今を生きてるわけだけど。





青く塗れ 、ライブだと早くて何言ってるかさっぱり分からなかった。











◯セトリ◯

The Beautiful Monkeys
泥水のメロディー
Black Eye Blues
Sweet Home Battle Field
Human License
シーガル
プシケ
心臓
I LOVE YOU

En)
青く塗れ
Dancing Zombiez






Getting Better 20周年おめでとうございます!


そして
ベストアルバム THE BLUE

発売おめでとうございます!!


個人的にちょっと忙しい時期に入っているので(就活とか就活とか就活とか)
全然書く時間ないよ〜〜〜〜書きたいことたくさんあるよ〜〜〜〜〜〜とりあえずベストアルバム最高だよ〜〜〜〜!!







(終)




ゲッチン色紙当たったぜー。いえー。✌︎

f:id:WARPchange:20160307122552j:image




クラゲ大好きな私がクラゲ水族館にやっと行けた話。




クラゲ。



大好きである。

あのフワフワと水中を漂う全身ほぼ水の謎生物。


大好きである。


クラゲが居ない水族館は水族館じゃねえ!!!と豪語している くらいである。






クラゲに力を入れている水族館があると
小耳に挟んでから数年。


それどこ?? 山形か〜〜〜〜いくらなんでも遠すぎるな〜〜〜〜と泣く泣く断念していた今までの私とは違う!!!!!!2016年は不可能を可能にする人間!!!(そこまで不可能でもない)


去年の末 晴れて運転免許を取得した私は
代わる代わる運転を交代しながら山形県のクラゲ水族館へ。






ここが凄かった!!!!!!!!




f:id:WARPchange:20160222205953j:image




これ全部クラゲです!!!!!!!





これ全部クラゲです!!!!!!!!




ライトアップの美しさたるや........


ああこの水槽まるごと持って帰って家に飾りたい............


f:id:WARPchange:20160222210145j:image


f:id:WARPchange:20160222210156j:image


f:id:WARPchange:20160222210229j:image





f:id:WARPchange:20160222211136j:image

オワンクラゲ。発光してました。





f:id:WARPchange:20160222210342j:image
キタミズクラゲ。このグロさがたまらない。




f:id:WARPchange:20160222211056j:image  f:id:WARPchange:20160222211109j:image

インドネシアシーネットル。長い。


f:id:WARPchange:20160222210525j:image

キタカブトクラゲ。近くに寄ってきた。
かわいい。




マジかよ!!!!!すごいよ!!!!!この水族館すごいよ!!!クラゲ好きには絶対行って欲しい!!!





他にもこんな、紹介しきれないほどたくさんのクラゲたちがフワフワ泳いでいました。




f:id:WARPchange:20160222211220j:image


クラゲの展示にはもちろん力入ってるけど
クラゲの餌やりとか見れるんです。あと成長記録。すごい細かい。詳しい。超勉強になる。


f:id:WARPchange:20160225201307j:image

f:id:WARPchange:20160225201326j:image

f:id:WARPchange:20160225201717j:image

f:id:WARPchange:20160225201730j:image


f:id:WARPchange:20160225201856j:image

f:id:WARPchange:20160225201923j:image








そんな山形県鶴岡市加茂水族館


f:id:WARPchange:20160225201619j:image

最高のクラゲたちだった!

f:id:WARPchange:20160225201807j:image


また会いに行きたい



そのまま仙台行って牛タンとずんだシェイク食べたのも美味しかったー。

f:id:WARPchange:20160225202028j:image

f:id:WARPchange:20160225202052j:image










今年も蔵王へ行ってきた話。





my board lies in my garage
Waiting for the snowy season
And again I would slide


遂にやって来たスノボシーズン!




今年も行ってきた 山形県蔵王

3日間滞在できた去年と比べて個人的にかなり忙しい時期に入ったので(就活とか就活とか就活とか就活とかね)


今年は1日しか蔵王に居られなかったのですが


なんと ワタクシ "持っている" ようでした。






まさかの快晴でした。


f:id:WARPchange:20160217162036j:image

ロープウェイでどんどん上へ上がると
樹氷がお迎えしてくれる 蔵王




f:id:WARPchange:20160217162059j:image

1年ぶりの樹氷も健在でした。

f:id:WARPchange:20160217162116j:image


f:id:WARPchange:20160217162122j:image





広いゲレンデをガンガン飛ばして風を受ける。

この日はやたらと暑かったです。
雪山の上とは思えない。

日常から離脱するこの感じ堪らない〜〜〜〜〜〜〜〜!!


オラフ?も居た。

f:id:WARPchange:20160217162348j:image


アナ雪全然知らない。

みんなが観てるのに全く見たこともない。あんまり興味ないけど歌は歌える。カラオケで散々聞いたから。


f:id:WARPchange:20160222204526j:image


f:id:WARPchange:20160222204557j:image



f:id:WARPchange:20160222204610j:image


f:id:WARPchange:20160222204645j:image


f:id:WARPchange:20160222205226j:image

f:id:WARPchange:20160222204740j:image







f:id:WARPchange:20160222205212j:image




また行きたいな〜〜。

いや絶対来る。一週間くらい居たい。


f:id:WARPchange:20160222204805j:image













"Good bye" tonight






今夜どうしても君に伝えたいことがあるんだ





“さよなら”って








もう僕は何一つ思い残すことが無いんだ
ずっと君が傍に居てくれたから
飽きるくらい同じような
毎日だったかもしれないけど
僕らのお家はヘンゼルとグレーテル達より
甘かったよ


お先に失礼して申し訳ございません
でもね、それが僕の運命らしいんだ
君と過ごした日々は
忘れたくないし、忘れらんないよ




去年の僕の誕生日
ケーキにろんそくが乗り切らなくなった時から
こうなることはわかっていたんだ



君は忙しそうに明かりを灯してくれたけど







今その最後の1本は消えようとしている









今夜どうしても君に伝えたいことがあるんだ





“さよなら”って














残された君の人生が
幸せであることを
心から願っています










f:id:WARPchange:20160201235849j:image




2016.1.2 a flood of circle 結成10周年

 

 2016/1/2   

a flood of circle 結成10周年おめでとうございます

 

 

10年のうちにこんなに色んなことを乗り越えてきたバンドは君たちくらいだよ!と言いたくなるような経歴を持つ彼等ですが、常にロックンロールを鳴らし、ブルースを歌い、ライブハウスで今日まで戦ってきた。そしてこれからも。

 

 

そんなAFOCのベストアルバム、”THE BLUE"の詳細が本日発表。

 

 

 

 

 

 

f:id:WARPchange:20160102193852j:plain

 

 

 

お。。。。

 

 

 

おおお。。。。。。。!!!

 

 

ここ最近遊び心満載のジャケットが多かったから(褒めてない)

すごく格好よくみえる!!!!

 

このジャケット、よくよく見てみると、Disk 1の収録曲と呼応している。

 

右端から見てみると

革ジャン(I LOVE YOU)の上部にはバッファロー(Buffalo Dance)

手が骨(Dancing Zombiez)

左手には月(月面のプール)

ギターの上に乗っている自由の女神像(I'M FREE)

右手を挙げた猿(The Beautiful Monkeys)

その右手に握られ鳥の羽(ブラックバード)

舌を出した口のアイコン(理由なき反抗(The Rebel Age))

車(ベストライド

床に散らばったコイン(Golden Time)

ブーツ(Blood Red Shoes)に刺さっている薔薇(花)

脇のサッカーボール(GO)

リンゴ(Human License)

上部にギラギラ光る太陽(KIDS)

 

 

 

THE BLUEというタイトルの如く、青い、です。

 

まあ解釈は超個人的でいいと思う、うん。あとわかんない。目が疲れたからやめる。

 

こうだと思います~って人いたら教えてほしいです

 

 

ということでこちらが収録曲。↓↓

 


[Disc1]*初回盤、通常盤共通
01.花 02.シーガル 03.Buffalo Dance 04.博士の異常な愛情 05.Human License 06.I LOVE YOU 07.Blood Red Shoes 08.The Beautiful Monkeys 09.理由なき反抗(The Rebel Age) 10.Dancing Zombiez 11.I’M FREE 12.月面のプール 13.KIDS 14.GO 15.Golden Time 16.ベストライド 17.ブラックバード

[Disc2]*初回盤のみ/新録&再録
1.青く塗れ 2.Miss X Day 3. プシケ 4. God Chinese Father

[Disc3]*初回盤のみ
1.象のブルース 2. SWIMINNG SONG 3.ノック 4.月に吠える 5.コインランドリーブルース 6.Yu-rei SONG 7.オーロラソング 8. The Cat Is Hard-Boiled 9.ホットチョコレート 10.花 11.ファイト!(中島みゆきカバー)

 

 

そしてDisk 2

 

まさかのゴットチャイニーズファ―ザー来たよ!!(笑)

そこまでさかのぼるか!!!!

 

そして ”俺の大事なメンバー紹介”を節目節目にしてきたプシケ。

誰でいくのか。

AFOCの今か。

昔か。

 

やっとプシケを新しいCDに収録して発売する。

これはAFOC史上においてかなり重要な事案である。

そして聴くまでわからない。今から楽しみだなあ。

 

 

 

既曲のラインナップが並ぶ中、唯一全くの新曲、「青く塗れ」

正直全然イメージ湧かない。(笑)

私自身は、AFOCに”青”を感じることはほぼないといってもいい。

”塗る”という言葉は、歴史を塗り変える、上書き、更新するという解釈で、前向きな気持ちが前面に出ていると思われる。

 

 

 

さいごにDisk3

 

佐々木亮介の弾き語りラインナップである。

弾き語りといえば 去年の9月10月にかけて行った弾き語りワンマンツアー "MISOJIMAE BLUES"が記憶に新しいね。

 

ファイト!が収録されるのが超嬉しい!楽しい!大好き!(あれ)

 

佐々木亮介が歌う女の歌はすごい。あの声の”あたし”の破壊力、は、すごい。

哀しそうな歌を歌わせると非常に似合うのは、何故なんだろうか。

見た目かな、性格かな。

 

 

 http://youtu.be/U8OP8CPScWE

 

 

という風に、初回限定盤はかなり豪華なラインナップが揃っている。

 

 

なんでベストアルバムなのにあの曲入ってないんだよ バカ野郎!っていうのもあるというかありすぎるんですがめんどくさいからやめよう。

 

 

 

そしてそして2016年3月4日、新宿LOFTで

a flood of circle pre.“THE Deep Blue Night -AFOC VS 佐々木亮介-

の開催も決定。

 

 

な、なんだこれ!(笑)

 

 

いやこの前大阪の対バン発表されな過ぎて 佐々木亮介と対バンしろや~~~!!とか冗談で言ってたやつ!あれ!なんか本当にやるらしいよ?なんだこれ!いみわかんねー!って感じ。

 

 

とりあえず佐々木亮介がめっちゃ働くってのはわかった。

 

 

 このTHE BLUEを持って、

4月からワンマンツアーを回る。

 

今年も

a flood of circleの活動に期待。


f:id:WARPchange:20160102212631j:image

(なべちゃんのマッドサイエンティスト感すごい好き)




 

 

2015 下半期 ライブ履歴&1年総括日記




◯2015.7.3◯

「AFOC presents What's Going On Tour 2015
   "BRAND-NEW RIDERS"」



act: a flood of circle/GLIM SPANKY



◯2015.7.4◯

「AFOC presents What's Going On Tour 2015
   "BRAND-NEW RIDERS"」





f:id:WARPchange:20151230213228j:image

◯2015.7.17◯


the pillows presents
   ABOUT A ROCK'N'ROLL BAND」

@大阪BIGCAT

f:id:WARPchange:20151230211908j:image



◯2015.7.24◯

DRF NAGOYA 2015」

@名古屋ダイヤモンドホール

f:id:WARPchange:20151230212550j:image

act: cinema staff /tricot/ヒステリックパニック/DJダイノジ/DJやついいちろう

f:id:WARPchange:20151230212910j:image


◯2015.7.26◯

MURO FESTIVAL 2015」

@東京晴海客船ターミナル特設ステージ

f:id:WARPchange:20151230220520j:image f:id:WARPchange:20151230220926j:image

act: a flood of circle / MAGIC OF LiFE / 
       石崎ひゅーい/ BYEE the ROUND
       Large House Satisfaction / ircle
       真空ホロウ/グッドモーニングアメリカ
       アルカラ

f:id:WARPchange:20151230220950j:image



◯2015.8.5◯

「JUSOOO GELOPPA 2 」


f:id:WARPchange:20151230221112j:image

act: オワリカラ/愛はズボーン/
       クリトリック・リス


◯2015.8.10◯

「JUNGLE☆LIFE presents 
   Enjoy Music,Enjoy Life 2015」

@大阪BIGCAT

f:id:WARPchange:20151230221538j:image

act: cinema staff / SHE'S /BAROQUE/
       ラックライフ/ヒグチアイ/大山藍

◯2015.8.13◯

   "凌ぎ合うツアー 2015"」

@横浜 BAYSIS

f:id:WARPchange:20151230221942j:image


f:id:WARPchange:20151230222146j:image

◯2015.8.14◯

   "凌ぎ合うツアー 2015"」

@山梨 KAZOO HALL

f:id:WARPchange:20151230222402j:image


f:id:WARPchange:20151230222505j:image



◯2015.8.22.23◯

MONSTER baSH 2015」

@国営讃岐まんのう公園



f:id:WARPchange:20151231114618j:image f:id:WARPchange:20151231114708j:image

act: SiM/ Perfume / indigo la End/キュウソネコカミ/MONOEYES / 10-FEET/米津玄師/
Nothing's Carved In Stone / MAN WITH A MiSSON /騎士団



エレファントカシマシ/THE ORAL CIGARETTS/[Alexandros]/THE BAWDIES
Fear,and Loathing in Las Vegas/ the telephones


f:id:WARPchange:20151231115957j:image


◯2015.8.29◯

Re:mix 2015」

@名古屋ダイヤモンドホール/アポロベイス


f:id:WARPchange:20151231115830j:image

act: 在日ファンク/ a flood of circle / Awesone City Club / The Mirraz / 夜の本気ダンス

f:id:WARPchange:20151231120022j:image


◯2015.9.4◯

バズマザーズ 怒鳴りたい日本語 リリースツアー」

@梅田シャングリラ

f:id:WARPchange:20151231120145j:image

act: バズマザーズ/ビレッジマンズストア
       ユーノ/The cold tommy


◯2015.9.6◯

「OTODAMA'15〜音泉魂〜」


f:id:WARPchange:20151231120741j:image  f:id:WARPchange:20151231121033j:image

act: a flood of circle /朝の本気ダンス/KEYTALK
ビレッジマンズストア/OKAMOTO'S

f:id:WARPchange:20151231121100j:image f:id:WARPchange:20151231121111j:image




◯2015.9.10◯

    2 strike 2 butter」

f:id:WARPchange:20151231121323j:image




◯2015.9.12◯

オワリカラ presents 渋谷モンパルナス」

@渋谷www / Garret / cyclone

f:id:WARPchange:20151231121819j:image

act: オワリカラ / kidori kidori / People In The Box / MOROHA / 撃鉄


f:id:WARPchange:20151231121948j:image


◯2015.9.18◯

「Large House Satisfaction "SHENE OR BUST"
   リリースツアー"Shineeeeeeeeeee!!!"」


f:id:WARPchange:20151231122204j:image

act: a flood of circle / Large House Satisfaction



◯2015.9.26◯

「new music from big pink 発売から1ヶ月だし記念ひとりビックピンク祝い」

@大阪caferoom

f:id:WARPchange:20151231122406j:image

act: タカハシヒョウリ


◯2015.9.29◯

佐々木亮介 弾き語り One Man Tour
   "MISOJIMAE BLUES"」

@京都solecafe

act: 佐々木亮

f:id:WARPchange:20151231124909j:image

◯2015.9.30◯

佐々木亮介 弾き語り One Man Tour
   "MISOJIMAE BLUES"」

@大阪 digmeouj ART&DINER



f:id:WARPchange:20151231125117j:image



◯2015.10.2◯

佐々木亮介 弾き語り One Man Tour
   "MISOJIMAE BLUES"」

@恵比寿STUDIO 38

f:id:WARPchange:20151231125528j:image


f:id:WARPchange:20151231125309j:image


◯2015.10.3◯

cinema staff presents OOPARTS 2015」

@岐阜 club G

f:id:WARPchange:20151231125513j:image

act: cinema staff / SAKANAMON /ねごと
      POLYSICS / 04 Limited Sazabys
      my young animal / 鳴ル銅鑼

f:id:WARPchange:20151231125915j:image


◯2015.10.4◯

BIGMAMA The Vanishing Bride Tour 2015
   〜消えた花嫁を探せ!〜」


act: BIGMAMA

f:id:WARPchange:20151231130745j:image


◯2015.10.11◯

PlayStation presents MINAMI WHEEL 2015」

@アメリカ村各ライブハウス


f:id:WARPchange:20151231131112j:image

act: cinema staff / みるきーうえい/
       シシド・カフカ/PAN / the twenties /
       THE PINBALLS/ Mop Of Head
       ビレッジマンズストア

f:id:WARPchange:20151231132058j:image


◯2015.10.12◯

BIGMAMA The Vanishing Bride Tour 2015
   〜帰ってきた花嫁、二次会は新木場で〜」


f:id:WARPchange:20151231132032j:image

act: BIGMAMA

f:id:WARPchange:20151231132048j:image


◯2015.10.18◯

「FACT "KTHEAT" JAPAN TOUR 2015」


  f:id:WARPchange:20151231132902j:image      

act: FACT



f:id:WARPchange:20151231132909j:image


◯2015.11.1◯

タカハシヒョウリ弾き語りワンマン

 @京都solecafe

f:id:WARPchange:20151231134733j:image

act: タカハシヒョウリ


◯2015.11.2◯

「HEY-SMITH "お披露目ツアー"」

@神戸太陽と虎

f:id:WARPchange:20151231134927j:image

act: a flood of circle / HEY-SMITH / PAN

f:id:WARPchange:20151231135024j:image



◯2015.11.3◯


「HEY-SMITH "お披露目ツアー"」

@高松DIME

f:id:WARPchange:20151231135625j:image

act: a flood of circle / HEY-SMITH / PAN

f:id:WARPchange:20151231135720j:image


◯2015.11.20◯

「AFOC presents VS tour 
   "BATTLE ROYAL 2015"」

@大阪 なんば Hatch

f:id:WARPchange:20151231140216j:image



f:id:WARPchange:20151231140543j:image


◯2015.11.22◯

AFOC presents VS tour 
   "BATTLE ROYAL 2015"」

@名古屋ダイヤモンドホール

act: a flood of circle / HEY-SMITH

f:id:WARPchange:20151231140657j:image


◯2015.11.27◯

AFOC presents VS tour 
   "BATTLE ROYAL 2015"」

@Zeep Diver City Tokyo

f:id:WARPchange:20151231140847j:image


f:id:WARPchange:20151231140933j:image

f:id:WARPchange:20151231140947j:image


◯2015.11.28◯

夜の本気ダンス"By Your Side〜ダンスは済んだ?ツアー"」

@梅田AKASO

f:id:WARPchange:20151231141123j:image


f:id:WARPchange:20151231141150j:image



◯2015.12.21◯

cinema staff "SOLUTION E.P.
   発売記念スペシャルライブ」

@Live House Pangea


f:id:WARPchange:20151231141454j:image


◯2015.12.23◯

「えびすロックフェスティバル」

@西宮アミティホール

f:id:WARPchange:20151231141631j:image

      The ピーズ/SAKANAMON/あいみょん

f:id:WARPchange:20151231142433j:image    f:id:WARPchange:20151231142443j:image  

f:id:WARPchange:20151231142508j:image     f:id:WARPchange:20151231142518j:image



◯2015.12.28◯

FM802 ROCK FESTIVAL 
   RADIO CRAZY 2015」


f:id:WARPchange:20151231143037j:image

act: The pillows×佐々木亮介/ The Birtyday
      BIGMAMA /kidori kidori / GLIM SPANKY
      MONOEYES / ORANGE RANGE
      

f:id:WARPchange:20151231143453j:image   f:id:WARPchange:20151231143507j:image

f:id:WARPchange:20151231143529j:image  f:id:WARPchange:20151231143544j:image  f:id:WARPchange:20151231143608j:image







2015 まとめ

多い順

オワリカラ/タカハシヒョウリ(9)
アルカラ(7)
ビレッジマンズストア(3)
kidori kidori (3)
Large House Satisfaction(3)
2本以下省略

計  79本でした〜〜。


AFOCとcinemaが断トツで多いなー。
AFOCは来年待ちに待ったワンマンツアーが決定しているので、来年も楽しみ。cinema staffは上半期のblueprintツアーがいままでで1番好きなツアーになりました。来年も佐々木亮介と三島想平推しは変わらないでしょう(笑)

好きなFACTが解散してしまって悲しい年ではあったけれど、行ったライブを思い出してはニヤニヤする毎日です。

2015年楽しかった。2016年は個人的に楽しいだけじゃ駄目な1年なので、メリハリつけて頑張ろうと思う。





今年もありがとうございました。













11/27 AFOC presents "BATTLE ROYAL 2015" 東京



ファイナル

決戦の地は Zepp Diver city tokyo

f:id:WARPchange:20151204194133j:image





2007/6/16 @新宿LOFTぶり

8年ぶりの対バン。(8年ぶりってスゲー!)




お相手さん超ビックになったよ〜〜〜〜ほんとこっちが挑戦者だよ〜〜〜〜てゆうか私は元々残響界隈の人間だったので9mm中学生の頃超聴いてた。そして去年の京都磔磔ワンマンぶりでした。



滝ーーーーーーー!!!!おいおい滝ーーーーーーー!!!!カッチョイイよ滝ーーーーーーー!!!!(元9mmクラスタの血が騒ぐぜ)

The Worldで跳ねる滝いいよ滝ー!!!!!!!キャー!!!!←




つーか最近の9mm知らないんだけどどうなの?今回わりと私でもわかる古い曲しかやらなかったんだけど 新曲とか出してるよなぁ。もう懐メロ!懐メロの嵐!って感じでウォオォォオ卓郎大好きだぜちくしょーカッコいいぜちくしょーって感じで ひたすらなんか悔しかったです!笑




「チャンピオンみたいな扱いされてるけど、俺らはチャンピオンのつもりで来てないから!」

「いけるかぁァァァァァ!!!!」
(いけるゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!)

「今日は男と男のぶつかり合いですね!!!
   あ、姐さん女だけど(笑)」


「いけるかぁァァァァァ!!!!」
(いけるゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!)



最後は
AFOCへのリスペクトで"Discommunication"


!!!!!
私が1番最初に聴いた曲来たァァァァァ!!!!!!!



これ!!!!
これ私が中学1年生の時に聴いた曲!
(現在大学3年生である)

これ9ミリのデビュー曲だから。


もう1度言う、デビュー曲だから。

半端ないよ!時代の流れとかその他諸々(?)が半端ないよ!だってディスコミの破壊力ったらないよ。暴れまわるリズム隊の音が凄まじくて、私の背筋は震えが止まらなかった。音に溺れる感覚は久しぶりだ。



やっぱりなんか取り憑いてる、このバンド!


◯セトリ◯

新しい光
The World
ハートに火をつけて
Cold Edge
Discommunication


f:id:WARPchange:20151201193829j:image
(これ滝ちっちぇ)










青コーナーAFOC!!

2曲目でいきなり The Beautiful Monkeys!!!!!!!!

ウワァァァァァ!!!

超盛り上がってたよ〜〜ウワーーン(泣)
この前のアウェイが嘘のようだよやっぱりツアーだいすき(泣)






f:id:WARPchange:20151202110038j:image


あっ大阪名古屋とキョウスケくんの大開脚ジャンプやべぇって言ってたんだけどこれだよ。ナイス!カメラマンナイス!

f:id:WARPchange:20151204195807j:image
足なげぇ..



んー、考えてみると、ベストライドがめちゃくちゃ光ってたツアーだったかも。
6月7月のWhat's Going Onはベストライドありきのツアーで、メインだったけど今回の方が曲が楽しそうにステージを駆けていた気がする。単純に、"ギター"の存在がデカイのもあるけど。


f:id:WARPchange:20151204200126j:image

ストライドは後半の追い上げが爽快だし、観てて聴いてて スッと身体の中を通り抜けていく風がある。



やっぱ競馬場で撮ってるの、良いやん。
なんで佐々木走ってんだよとか散々言ったけどさ。(つーか体調悪くても何回も頑張って走ったんだからまずそこ評価しようや)




f:id:WARPchange:20151204200914j:image        f:id:WARPchange:20151204200930j:image


彼のブログ見てると、キョウスケくんは年内いっぱいなのかなぁ。んー。わからん。
来年10周年だし、色々...ギターが安定しないと出来ないこともたくさんあるし、彼にはできれば居て欲しい、、けど彼には彼の爆弾ジョニーっていう弾くべきバンドがあるしなぁ。
私はただバンドが好きなだけの人なので、何も言えません。ただバンドが行く方向についていくだけ。




Black Eye Bluesも建国、ダイバーシティにいっぱい集まった(まぁソールドはしなかったけどさ)ロックンロールに集う我々を眺めているその景色は、どんなものなんだろう、と想像を膨らましながら、頭上の彼を観ていた。


f:id:WARPchange:20151204202244j:image






「懐かしい曲を持ってきました」とアンドロメダが鳴ると、歓声。嬉しくて堪らないといった表情が彼方此方に。私も嬉しい。


本編のクライマックスの 心臓 からの 花。

ここでAFOCの歴史を憶う。







私はこの先何度でも 花という曲と向き合い、対立し、そして分かり合おうとするのだろう。
まだこの曲が分からない。分からないと言うと語弊があるけど、今の自分では、この曲の本質を理解するに至っていないんだと思っている。それは人生経験が浅いのもそうだし、バンドマンじゃないのもそうだし、作った本人じゃないんだから、一生分かるわけがないと思う。


でも この曲を何度も何度も、人生の狭間で、口ずさんで生きていきたいと思った。
そしてその気持ちを忘れないでおこうと思った。




















f:id:WARPchange:20151204201626j:image


アンコールではHuman Licenseから勢いよくそのままBlack Market Blues!
革ジャンを着た卓郎さんが乱入して大盛り上がりだった。良いもの観れたぞ〜〜〜〜!
バトルロイヤルツアー、毎回対バンの曲を演奏してきたけど、挑戦者でありながらも決して怯まず、自分たちの信じるロックンロールを見せるAFOCは本当に格好良かった。





「バンドはボロボロだけど、今まで作ってきたもの(曲)は最高だと思ってる。」

「ここまで色んなことがあったけど
   ここに今いてくれるあなた、
   あなたがおれの味方だと思っています。
  来年10周年、一緒に最高の景色
  観に行きましょう!」





"来年10周年、フラッドは生き残っては来れたけど勝ち続けてきてはいない"


ステージを見ながら、そう言っていた佐々木亮介の言葉を思い出したこの日、絶対最後は笑って終わろう、胸はってやり切ったって、堂々と負けてないねって言えるような、そんなバンドになっていける、なってくれると確信した。
格好良いから。格好良いものは何があっても絶対的に変わらない!


f:id:WARPchange:20151204202020j:image




そして 来年の情報解禁の日でもあった。






a flood of circle、2015/2/24

ニューベストアルバム

"THE BLUE"発売決定。
そしてそれに伴うワンマンツアー開催。
(後情報で鹿児島大分松山高松はスクービーとの合同ツアーです)(どういうことやねんw)




f:id:WARPchange:20151204203655j:image


乞うご期待〜〜!
やっとワンマン来たよー!!











◯セトリ◯

Golden Time
The Beautiful Monkeys
YES
鬼殺し
ミッドナイト・サンシャイン
Black Eye Blues
Trash Blues-Band ver.-
アンドロメダ
Dancing Zombiez
シーガル
プシケ
心臓

En)
Dreamers Song
Human License
Black Market Blues with 菅原卓郎
理由なき反抗


f:id:WARPchange:20151204195701j:image

ありがとう。


f:id:WARPchange:20151204195630j:image










11/22 AFOC presents "BATTLE ROYAL 2015" 名古屋





名古屋の対バンは HEY-SMITHです〜〜



f:id:WARPchange:20151123195753j:image




ヘイちゃん楽しい楽しい楽しい〜〜!!

ベースボーカルのゆうじくんが可愛い!!可愛い!!!(本当に可愛い)(アラサーに見えない)








「大阪から来たHEY-SMITHです!
  フラッドに出会ったのはほんと最近で
  今年入ってとかなんだけど、
  1回ライブみてもう間違いないって。
  俺普段あーゆうバンド聴かないけど、
 やっぱりライブバンドは
 ジャンルとか関係なしにカッコいい。
 こっちも最強のパンクバンドなんで
 よろしくお願いしまーーす!」





あとヘイスミ自体も超パワフルなんだけど
ヘイスミのファンがめちゃくちゃ元気が良い。(笑)次々押し寄せる空中の大群に首ごと持ってかれそうになってヒィヒィ言いながら踊りました。(年だなぁ)



ヘイスミのツアーにも高松 神戸と行ったけど
ちゃんと間近でメンバーを見れてなかったので
猪狩さんとか猪狩さんとかちゃんと観れて良かっ.....猪狩さんよく見たらFACTのTシャツ来てるゥゥウウウウウウウウウウウ!!!!!!!!!!!!!!!泣



20日にFACTってバンドが解散したんですけど、まぁ私その日はライブ行けなかったんですけど、なんか、バンド同士の愛って凄い美しいなと思いました。解散したのかー。ほんと実感ないな。大好きですよ。






「登場する前にバンド紹介みたいなの
   されたの初めてだったんだけど、
   なんか、"ダウンロードしてみろ!"
   みたいなMCされて(Download Me If You      
   Can)2曲目だから演るの超恥ずかしかった(笑)」



あとベースボーカルのゆうじくんめっちゃ可愛い(2回目)これは追いかけれるレベル。しもて最高。フラッドの前にちょっと燃え尽きるかと思った。




猪狩さんがフラッドに捧げます〜〜と言って
The First Love Songを歌ったのが良かった!



見てて無条件にハッピーな気分になれるバンドだね。みんなが好きなの分かる。戻ってこれて本当に良かったね。

今月縁あってもうHEY-SMITH観るの3回目だったから、曲も全部覚えちゃって、楽しいのなんのでした。














青コーナー AFOC。


"どこにも行かないではいられない"
"どこにも行かないでは終われない"


"失踪、脱退を乗り越え.."(や、やめろォー!!)

という前口上。


 「BATTLE ROYAL へようこそ!
  名古屋はおれがめちゃめちゃカッコ良いと思    
 っているHEY-SMITHを呼びました。カッコ良   
 かったでしょ?? 俺もう1曲目からそこ(幕)か     
 らダイブしたくてしょうがなかったもん。笑 
 猪狩さんの "オイ!"が超カッコ良かった!」
(側から見ても佐々木はただのファンである)





てゆうか
Golden Timeを正規の 「今夜生き延びたい〜〜」から聴いたの久しぶりだったよなぁ!
いつも オーオーオーみんなの声を聞かせてくれぇ!から始まるから。
1曲目に持って来てるからなぁ。





大阪に引き続いて姉さんは赤いスカート(大阪では姉さん今日ワンピースじゃないね〜って話で触れてた)佐々木は赤いインナー、キョウスケくんは赤シャツ。でも"設定"的には青コーナーなんだよな。(笑)別に拘って揃えてはない感じ。なべちゃんただのタンク&ズボンだったし...



名古屋は姐さんのクールなベースから始まるロックンロールバンドが仲間入り。ヒューマン消えました。






Hatchはステージと客席の間がわりと空いてるから、こっちに来れなかったんだけど、ダイホはBlack Eye Bluesで佐々木王国 建国。
バランスが悪く少し震えている脚で立つ ロックンローラーの背中越しに未来を見た。



「神戸、高松とヘイスミのツアーに呼ばれて、バンドマンの打ち上げって最初盛り上がって、そのあと下ネタとかになって、そこで姐さんが猪狩さんに苛められるんだけど 姐さん全部"分かんな〜い"で通してたよね笑
それでなんか全裸になったりするんだけど姐さんそのとき手で顔隠すフリして隙間から見てるから(笑)

打ち上げから出会ってたらたぶん仲よくなれなかったな....笑」




出会ったのはごくごく最近でも
脱退があったりとどこか似てる境遇を
感じたんだろう。







「そして名古屋に帰ってくる日が決まりました!年末調整GIGってイベントで...年末調整GIGって凄い名前だよね〜またここダイヤモンドホールに帰ってきます!」



年末調整でダイホ初めてだよね。前のリミックスもダイホでやったし。夏のオトダマは大浴場でライブやったし。少しずつだけど前進してる。







そう、ベストライド、キョウスケくんがめちゃめちゃ凄いんだよな。セイヤくんの菩薩クラップが記憶に新しいんだけど、キョウスケくんは大開脚ジャンプで超楽しそう。マジで子供みたい。可愛い。つーかキョウスケくん雰囲気合ってるんだよなー。関係ねぇ俺は俺だー!!俺を見ろー!!みたいな自己主張激しいギタリストが居たらやっぱり曲もどんどん最高潮へ引っ張られていく。見てるこっちも無条件にアガる。良い仕事してるよあの子。(誰目線だ)(最後の方Tシャツ切りすぎてて右肩露出マンだったしキョウスケくんの乳首初めて見た)



ベースパートで姐さんを指差したりギターパートでキョウスケくんを指差したり、誇らしげな表情が印象的だった。このバンドが好きなんだね。"俺のベストはいつも今なんだよ"その言葉に嘘はないんだろうと思った。
そのまま真っ直ぐにいってほしいなぁ。
私もいけるところまでついていくから。












「何度も言ってるんだけど
  フラッドは来年10周年で...
 
  来年はデカイことやろうと思っていて。
  上半期は10周年の総括的な感じで。
  下半期は未来を見せようと思っています。

  あと俺たらしばらくワンマンやってなくて
  まぁまだ言えないんですけど、待ってて
  ください笑」










「今の時代はなんでも移り変わりが激しくて、情報とかもすごい早いし...1つのことを続けていくのが凄く難しくなってきたと思う。俺の友達も転職とかする人も居るし....俺はこうやってバンドをやってるわけだけど。そういう意味でもフラッドも前のギターがやめて、HEY-SMITHも脱退とかがあって、それでもこうやってまた続けてる、HEY-SMITHのそんな所を尊敬してます。」

「えっとそれでーー......うん.......うん...
  そうだよね......ああもういいや!!!!!!!話 始めたら長くなる!!!!!(笑)」
     (可愛い) (気が済むまで喋ったらいいのに)










「俺たちの1番新しい歌です、花」













アンコール。

大阪はみんなTシャツ着てたんだけど
時間なかったのか衣装もそのままで登場。



夢を追う人へDreamers Song、

そしてスカイウォーカーで急ピッチで上がりながら、途中でTrue Yourselfをカバーし始める。HEY-SMITHの曲ね。スカを歌う佐々木亮介が面白い。いや笑っちゃいけないんだけどさ。シャウトとかは流石にやってなかったけど。英語詞歌うのそうないしね。格好良かったよ。大阪のグドモカバーはしっくりきてたんだけど、まさかヘイスミを歌うとはなー。笑




f:id:WARPchange:20151124183947j:image


予定ではカバーだけの予定だったんだね。突然ヘイスミメンバーが乱入して、佐々木は猪狩さんにブラックファルコンを奪われる。(笑)ステージ上がカオス。楽しそうに叩くなべちゃんの笑顔が最高でした。どさくさに紛れて猪狩さんの頭を撫で撫でしてた佐々木のイタズラっ子のような顔が29歳には見えなかった。



f:id:WARPchange:20151124184206j:image


手持ちぶたさになった佐々木は我慢しきれなくなったのか 突然 下手へダイブ。毎度のことながら3秒で返却される。笑 もっと後ろまで持っていってあげろよ!!!(笑)




f:id:WARPchange:20151124183926j:image








そして気を取り直して(?)スカイウォーカーを最後まで演奏し終え、フィナーレへ。
ここは、理由なき反抗。



終始ポジティブオーラが出ている様な気がする対バンだった!











◯セトリ◯

Golden Time
One Shot Kil 
ロックンロールバンド
鬼殺し
ミッドナイト・サンシャイン
Black Eye Blues
Trash Blues-Band ver.-
アンドロメダ
Dancing Zombiez
シーガル
プシケ
心臓

En)
Dreamers Song
スカイウォーカー
True yourself(with HEY-SMITH)
理由なき反抗(THE REBEL AGE)



f:id:WARPchange:20151124184218j:image
(ゆうじくんとなべちゃんと佐々木同い年らしい。)



対戦おつかれー。

次回ファイナル東京。

11/20 AFOC presents "BATTLE ROYAL 2015" 大阪




BATTLE ROYALツアー初日大阪
@難波Hatch



f:id:WARPchange:20151121180804j:image


開演の赤コーナー青コーナーのバンド紹介MCがとても面白かった。笑


てゆうかそういう"設定"ってことを
完全に把握してなかったよね〜〜笑





そして本日の対戦カードを案内します
赤コーナー



大阪の対バンはギリッギリまで発表されなくて誰だ誰なんだウワァ〜〜〜〜まさかのまたグドモとやるのかよ〜〜〜〜8月に散々見たわウワァ〜〜〜〜。


って思っててゴメンね。

(たなしんが登場するやいなやのMCで"みんなユニゾンスクエアガーデンが良いとか言ってたけどー!"って言ってる情報源絶対Twitterだろw)


ファイヤーはちゃんとやってあげる優しい民衆。


でもちょっと凌ぎ合いすぎ!





みんな革ジャン着て頑張ってたんだけど
やっぱり暑いよねwwww
(もうやらないって言ってたしね)
(佐々木亮介がちょっとおかしいだけだから気にしないで)



1曲目はコピペパピプペポコピペパピプペポコピペパピプペポ!
 

だけど不安ですが聴けたのは嬉しかったなー!



スカスカだったから超快適空間だった✌︎悲


 "亮ちゃんにこの曲が好きだと言われたので。
  やらないわけにはいかない"


元カノへの想いを綴った 餞の詩


"出した当時 そんな街中で流れるようなロックバンドじゃないだろうと。だから歌詞を変えて歌っていたんですけどでも今日は本来の歌詞で歌います。"


f:id:WARPchange:20151122115206j:image






あの日本武道館でワンマンライブを控えている。

最近のロックバンドの武道館公演ラッシュで日本武道館の敷居が低くなったんじゃないかと言われているけど、やっぱり"そこ"に立てるというのは並大抵のことじゃない。
だってまだ私の愛してるバンドは"そこ"に立つことは出来ない。そしてそれは絶対今じゃないとは思う。



行ってらっしゃいの気持ちで見送りました。





最後の 未来へのスパイラルを終えた彼等は

とても長い長い礼をした。






◯セトリ◯

コピペ
だけど不安です
ディスポップサバイバー
友よ
餞の詩
未来へのスパイラル












f:id:WARPchange:20151122223430j:image
(清水音泉のオトダマフラッグ使い回し事件)








後攻青コーナーAFOC



"届け 届いてくれ"
現代を代表するロックンロール界の〜〜
とかなんとか結構凄い紹介をされて
a flood of circle選手入場〜〜〜〜




やっとツアー来た感じするyo〜〜〜〜この前の超ド☆アウェイライブの記憶が残りまくってるこの体でホームに立ってるフラッドを見るとそれだけでめちゃくちゃ嬉しい気持ち爆発しそう!



「BATTLE ROYALツアー初日へようこそ!」







f:id:WARPchange:20151122223053j:image




  「この後ろの垂れ幕あるでしょ?
   これは俺の友達の書道家
   書いてくれたんだよね」









そして序盤から殺しにかかってるブチ上げの曲を持ってきていた!鬼殺し超面白い本当にバカヤローー!!って言ってる超面白いナニコレ...



と思ってたら キョウスケくんのギターキタァァァァァァァァァァ!ミッドナイト・サンシャインキタァァァァァ 曽根さんお別れ会レトロ京都(泣)で聴いたっきりの大好きな曲を同い年の男の子が弾いてるのに感無量。




なべちゃんと金廣さんが秘湯に行ったという話を受け

「なべちゃんに一緒に遊びに行ける友達が出来て良かったです。昔なべちゃんと川に釣りに行こうってなったんですけど俺は釣りに小説とギター持って行って怒られました〜〜笑」
てゆう小話をまたしていたね。そんなやつと釣り行きたくないね。君は不思議ちゃんかな。




懐かしい曲も持って来てるよ〜〜とアンドロメダをやったりとなんだが攻め攻めの様子。
ツアーだ!ツアーだ!ツアーに来たって感じがガンガンするライブでした。



シーガル前に姐さんにトラブル発生も
前しか見てない佐々木は
「俺たちとあんたたちの明日に捧げます!
  シーガル!!!!」と意気揚々。笑


引きちぎれたネックレスの玉をステージに
ばら撒きながらベースを弾く姐さんが
とても美しい!可憐!!!










 前方3人が客席に背中を向け、
 なべちゃんの方へ。

プシケ。

「2015年11月20日」

「BATTLE ROYALツアー大阪」

「難波Hatchへお集まりの
  親愛なるみなさんに」




「俺の大事なメンバー紹介します」

「ドラムス!渡邉一丘!!」

「ベース!Hisayo!!」

「ギター!キョウスケ!!」

「ボーカル!佐々木亮介です
  a flood of circle!!!!!!」



9/29ぶりの、メンバー紹介。

あの夜は曽根さんが最後に紹介された。

1年弱しか経ってないのにギターがもう2人も交代して今3人目だよオホホホボロロロロ↓↓(吐き気の音)



そろそろ落ち着こうよ!!!!!!
でも落ち着いたらフラッドじゃないか。転がってるボロボロの姿で歌うロックンロールが1番カッコいい。いつだって追われてる、闘ってる、めちゃくちゃ人間らしいロックバンドだから好きになったのだ。






「フラッドオブサークルは
  来年10周年で、しばらくワンマンライブを
  やってなくて。
   ...これ言っちゃいけないんだけど
  来年やるかもよ(コソッ)」



「10周年も頑張って行きます
  
  ここにいるあなたに、あなたに向けて
  置いて帰ります、心臓」


心臓から花の流れはとても美しかった。花は作るのに29年かかったと前言っていたけど、まだこれから、まだやれる、行ける、俺はまだまだ転がっていく。だから止まれないんだと。そういう真っ直ぐな気持ちがズッシリと伝わってきて、私に乗っかかってきて、ステージに立っている佐々木亮介を半端な気持ちで見れないと思った。


いや半端な気持ちってなんだろ。音楽だし、そんなんノリで良いジャン〜〜✌︎✌︎✌︎だよね、なんだけど、向こうが本気で来てるからこっちも本気で受け止めに行かなきゃ、隠さずに晒け出さなきゃ、そういう気持ちにさせてくれる曲だと思う。


アンコールはみんなツアーTを着用。
姉さん 赤 なべちゃん 白
佐々木とキョウスケくん 黒(Tシャツ超切ってた)




ダンゾの途中で 
グドモの 空ばかりみていた を歌いだす。



幕から青いグローブをつけた金廣さんがやって来て、佐々木と2人で歌う。可愛い!!!めちゃめちゃに可愛い!!!どう表したらいいのか分からない!!が!仲の良さが伝わる和気あいあいタイムでした。





ラストは 聴きたかった 理由なき反抗。
とにかく明るくて前向きで
大好きな曲。





"嘘じゃない魔法じゃない
 リセットボタンは要らない
 一寸先が闇でも
 今はただレベル上げ
 下げんじゃねぇ"



ツアー初日 お疲れ様でした。



次回 名古屋!





◯セトリ◯

Golden Time
One Shot Kill
STARS
鬼殺し
ミッドナイト・サンシャイン
Black Eye Blues
Trash Blues-Band ver.-
アンドロメダ
Human License
シーガル
プシケ
心臓

En)
Dreamers Song
Dancing Zombiez
空ばかりみていた
理由なき反抗(THE REBEL AGE)





11/2,3 a flood of circle×PAN×HEY-SMITH

 

f:id:WARPchange:20151104074751j:image
 
 
 
HEY-SMITH "お披露目ツアー”@神戸太陽と虎
 
 
実はへイスミが実質活動休止になった最後のライブである、去年の夏のハジマザで彼等の姿を
見ていたので、めちゃくちゃファンというわけではないにしろ
帰って来れて良かったなあという気持ちは強いです。
 
 
 
結構大規模なメンバーチェンジしたんだな!
 
正直ごめんなさい猪狩氏しか顔判別は出来ぬが。。。
 
 
この大事な大事なツアーの2本に 
AFOCが お呼ばれしたので
行ってきました。
 
 
 
トップバッターは PAN。
 
”ライブがとにかく楽しい”とは聞いてたが、なるほど楽しい。
ヘイスミファンが多かったので
もっとホームフィールドで見てみたい気がするなあと思ったら
PANマンなるのをはっちでするんだね。
 
いきなりワンマンはハードルが高いかなあ。(笑)
 
”今日 お客さんとの距離が近すぎて、(お立ち台に立ったら)
股間が顔のところに来ちゃいますね~今日はお触りありで☆”


f:id:WARPchange:20151106234439j:image
 
壁際にAFOCとPANのポスターが貼ってあったのでそれを見て

とにかく明るい安村と撮ったときのエピソードも話してました。
 
”難波のタワーレコードでパンツ一丁で最初は恥ずかしがってたんだけど
時間経つと慣れて堂々とそのへんをウロウロしてた”
 
っていうのがコレ↓ですね。(笑)

f:id:WARPchange:20151106202316j:image
 
 
 
 
 
”今日ぼくら、新曲演ります、サラダ!サラダ!って叫ぶ曲なので
皆さんもサラダ!サラダ!言ってくださいね、知らなくても大丈夫ですよ”
 
ハイ サーラーダー! (サーラーダー!)
 
なんて曲かと思ったらそのまま
S・A・L・A・D・Aだとよw
 
”大阪のPANです~”っていう締めセリフで
どこぞの岐阜バンドを思い出したことは
置いといて、とりあえず難しいことはなし、騒ごうぜって気持ちが全面に出てたので、こっちも見やすかったなー。てゆうか一番手フラッドだと思って自分2列目で待機してたので必然的に超踊ることに。体力的な面でも
ワンマンはハードルが高いなあ。(2回目)
でもみんなが楽しい楽しい言ってるのは十分理解できた。
 
 
 
 




 
そんな先輩の次に出てきた a flood of circle
 
 
いや~~~~
分かってたけど、
面白いくらいのアウェイでした。
もうそれはそれは。
 
 
 
ダンゾ、ここ数年ではかなり知名度が高いとは思うし、クラップあるし分かりやすいしで一曲目に持ってきたんだろうけど、まあアウェイ。(笑)
でも、楽しかった。あんなダンゾ
初めてだったな。
 
 
そして キョウスケ君が弾きたいといってきたという
The Beautiful Monkeysが最近復活。
1年ぶりだ!!!!
 
 
「今夜 二人は馬鹿になる 
   余計なものは脱ぎ捨てて」
 
 

 
フラッドのライブでモンキーの
あのギターが鳴りだしたら
もうぐちゃぐちゃになるの覚悟なんだけど、(つかまあ終始だけど)
 
まあこの日は平和w
 
おかげで久しぶりのモンキーを(表面的には)冷静に堪能できました
 


超超超カッコ良かったよ!!
キョウスケくんがとても良い!!
身体全身で鳴らしてるのがよい!




 
「HEY-SMITHもPANも関西の先輩なんで、あの関西の人の独特のノリあるじゃないですか。打ち上げとかになると あのノリに俺ついていけなくて。(笑)」

「フラッドも今年入ってギターが3人変わってて、(たぶん3人目って言いたかったのだろう) 
ヘイスミはメンバー2人抜けて3人新しく入るって言う。笑 凄いですよね」

「俺らの前のギターがやめたのが関西の大先輩のGOOD4NOTHINGってバンドが主催してる
堺ミーティングってイベントで、
それが関西では最後で。そこで直接出会って。
バンドマンってその場のノリで今度一緒にライブしよーよ!とか言うんですけどまぁだいたいが社交辞令で。笑
  でもヘイスミスは、猪狩さんが本当にやろうって連絡くれたんです。」
 

「だから去年ヘイスミスも活動休止しちゃって。俺らもギター居なくなっちゃって。
 絶対復活してやる、やってやるって気持ちが強かったです。」


「11/22名古屋ダイヤモンドホールで
  ヘイスミスと対バンします。
  神戸遠いのは分かってるんだけど
  観に来て欲しいです」
 
 
 f:id:WARPchange:20151106232917j:image



そしてやっぱり花は良い曲だな。

もうとんでもなく良い曲だと思う。


"いつでも死ぬ覚悟は出来てるって
  冗談じゃねぇよ絶対に咲かせたいんだ"




「"新しい曲を作る"っていうのは
   そのときの気持ちだけじゃなくて。   
   今まで感じてきたことも
  作って来た曲もどこかで全部繋がってて。
   
  そういう意味でも、
  花って曲は作るのに29年間かかりました」
 
 




めちゃくちゃに輝いていたぞ。




◯セトリ◯

Dancing Zonbiez
The Beautiful Monkeys
シーガル
Golden Time
Black Eye Blues
 



そして久しぶりのHEY-SMITHは

女の子が居て驚きました(サポートなんだね)
 

 
 
 単純にとても楽しかったです。
The First Love Song好きすぎるなー。












そして2日目
@高松DIME(^ν^)


f:id:WARPchange:20151116174524j:image


本日の1番手はAFOC。



2日目の高松はロックンロールバンド始まりでした。姐さんの超カッコいいベース音から鳴るこのナンバー。


"歌ってくれ ロックンロールバンド
 今日が最後かもしれない"



ロックンロールバンドの格好良さとフロアの熱のなさに身悶えしたね!!!!!!!!!(笑)(笑)


ええい高松、なにをしている!!!
こんなものじゃなかった、こんなものじゃなかったTAKAMATSU!!!
(他バンドのツアーに呼ばれてるってこと完全に忘れてる)


もう身内しか盛り上がってねーYoで
今年1のアウェイを記録した(私調べ)




「昨日の神戸で 打ち上げが関西のノリとかで怖いって言ったら打ち上げ優しくして貰えましたー♡」(かわいい) (ちょっと受けてた)


「今日俺猪狩さんに言ったから。ジャンルの違いとか、知らないとか関係ない。ここに居る奴等全員巻き込むから!!!」

f:id:WARPchange:20151116180216j:image



もう途中から
頑張れAFOC!頑張れAFOC!泣
と完全に応援してモードに切り替わったわたし。



BEBはマイク相棒にステージで引いたり押したり アレ〜〜在日ファンクみたいな動きしてる〜〜名古屋のリミックスで影響受けちゃった????? 


そして問題のベストライドですよ。

なにが問題って
AFOCファン全然居ない超絶アウェイ状態で
"土砂降りの中を走っていけ"と
歌わせる佐々木。

ええええええええええ!!!!????


マイクこっち向けて来たよ?????


歌えってことだよね!!???
歌える奴このへんとあの辺しかいないよ????(身内しか居ないつったジャン)


こ、これは私達ファンひとりひとりがどこまでやれるかを試されている...!!!!とりあえず歌わなければ....!!!(超頑張ったが真意は分からない)





精神的に疲れたライブでした♡
PANとヘイスミも楽しかったyo〜〜〜〜





ステージの真ん中で
「ロックンロール!!!」と叫ぶ
佐々木亮介の暑苦しい格好良さが
際立っている夜だった。


久しぶりにロックンローラー
本気で"闘っている"と感じました。


自分たちのことを知らない観客。
何処までやれるか。何処まで巻き込めるか。
何処まで爪痕を遺せるか。


ライブは1度きりのものだ。



あの夜に居た誰かが
AFOCってちょっと格好良いじゃん。って思ってくれてたら良いな。






◯セトリ◯

ロックンロールバンド
The Beautiful Monkeys
シーガル
Black Eye Blues






かがわ来たらうどんだな

f:id:WARPchange:20151116175423j:image

オイシカッタ。












 
 

10/12 BIGMAMA



f:id:WARPchange:20151103133253j:image


No.9
ワンダーラスト
Lucy
春は風のように
Pinoccio〜開き直ったピノキオ〜
Lovescape
No Way Out
神様も言う通りに
little cloud
the cookie crumbles
Sweet Dreams

(お色直し)


アコースティック編成
Mr.&Mrs Ballon
秘密
 
Lovers in a Suitcase 


Frameout
かくれんぼ
until the blouse is bottoned up
最後の一口

En)
ライフ・イズ・ミルフィー
I Don't Need a Time Machine
Mutopia


w En)
荒狂曲"シンセカイ"

f:id:WARPchange:20151103134401j:image

f:id:WARPchange:20151103134433j:image



a flood of circle 花



11/4 発売のシングル 花の歌詞とPVが公開


f:id:WARPchange:20151008201029j:image





 

youtu.be

 

PV中の歌詞は佐々木亮介の手書き

やっぱり達筆だなぁ。



9/18に初めて聴いてから、

歌詞が気になっていたのでやっと公開されて嬉しいな〜〜!\(^o^)/何処かを目指して歩き続ける、転がり続ける佐々木亮介の姿と風景がとても美しい。ロケ地何処でしょうね。といってもかなりの日数と時間を要したそうなので、場所も様々だろう。とにかくカット数が多い。そしてワンカットが美しく、光があふれていて、タイトルの"花"のカットも多い。というわけで私のお気に入りカット(めっちゃ多い)と一緒に書き出してみた。


f:id:WARPchange:20151008201143p:image

 



(歌詞)

 

f:id:WARPchange:20151008201639p:image


どこにも故郷(こきょう)のない人は 土に還るまでが遠足です

気づけばいつでも転校生で 転んだ傷痕だけが先生


f:id:WARPchange:20151008201929p:image


どこにも根づけない草は どこに花を咲かせりゃいい

全身で雨に打たれて 必死で太陽が当たる方へ

 

f:id:WARPchange:20151008203926p:image



f:id:WARPchange:20151008201958p:image


f:id:WARPchange:20151008202016p:image


校庭の隅 弾けないギターで 夢を見た奴らも会えなくなって

面接より職質を受けて 散った青春も飯の種にして


明るい未来とか言うけどさ 実際全部闇の中さ

泥水にまみれもがいてでも 息をして生きていく

 

f:id:WARPchange:20151008203722p:image


f:id:WARPchange:20151008203813p:image


届け 届いてくれ

叫び続ける声 花になれ

すべて失くしても

くたばっても

世界は 素晴らしい

 

f:id:WARPchange:20151008204106p:image


そう大人の階段転げ落ちながら 百転び百一起きでどうにか育ってきた

別れだけ増え続けて枯れるまでの時間は過ぎ去って


f:id:WARPchange:20151008204013p:image

こんな世界は嫌だ さてどんな笑えない大喜利がニュースの一面


f:id:WARPchange:20151008204346p:image

それでも種を蒔きたくて「ただの死んだ木」をかき鳴らしている

 f:id:WARPchange:20151008204335p:image

限界見えたとか言うけどさ 実際そうさ闇の中さ


f:id:WARPchange:20151008204511p:image


無様な奴だと笑われても 呼吸(いき)をして生きていく

 

f:id:WARPchange:20151008204615p:image


届け 届いてくれ

叫び続ける声 花になれ

すべて失くしても

くたばっても

世界は 素晴らしい



 f:id:WARPchange:20151008204538p:image


 

眠れる毛布はどこにある 傷が癒える日はいつだろう

居場所はここに作るしかない ここが戦場でスウィートホーム

時代や誰かのせいにしても 神様を恨んでも変わりゃしない

分かってたよ分かってたけど

俺がいなくなっても明日はどうせ来るんだろう

 

f:id:WARPchange:20151008204643p:image


f:id:WARPchange:20151008204827p:image


f:id:WARPchange:20151008204649p:image




いつでも死ぬ覚悟は出来てるって冗談じゃねえよ

絶対に咲かせたいんだ

俺はまだ死なない 強く生きていたい



 f:id:WARPchange:20151008204853p:image




明るい未来とか言うけどさ 実際全部闇の中さ

 

儚い障害の花だって 咲く時は命掛け

命掛けで生きていくだけ

 

届け 届いてくれ

涙 あふれたまま 狂い咲け

 

届け 届いてくれ

叫び続ける声 花になれ

すべて失くしても

くたばっても

世界は 素晴らしい


f:id:WARPchange:20151008210111p:image


f:id:WARPchange:20151008210116p:image




佐々木亮介の手にはガラス瓶が握られている。そこから流れ出す黒い液体、なんだ?油?墨汁?(笑)墨汁かな。


"俺が居なくても明日はどうせ来るんだろう"


吐き捨てるように歌う。


流れ落ち身体に滴っていく それ が気持ちの象徴なのか。


そして最後には瓶を逆さまにして

中身を地面に落としていく。






ギターを"死んだ木"と表現したKurt Cobainの言葉を使ったり、"ロックスターは27歳で死ぬ"という迷信の年齢もとっくに過ぎた "俺"はまだ死なない と この界隈で生きていくことを明言したような歌詞。


幾度となく 変わり続ける状況にも決して

鳴らすことをやめないロックンローラーの渾身の歌だと思った。

















最後に

f:id:WARPchange:20151008211532p:image


登る佐々木亮介。稀やな。笑


10/4 BIGMAMA @zepp namba


The Vanishing Bride ツアー 
セミファイナル大阪!
行ってきました!


f:id:WARPchange:20151006193020j:image





素晴らしいライブだった。


私情で開演に間に合うか間に合わないかの瀬戸際であったが、無事に開場アナウンスが始まる前に入場。 

zeppにはたくさんの人。





"みなさんご存知の通り BIGMAMAのライブは
 モッシュやダイブなど、とてもフロアが
 荒れます。そのようなことが苦手だという方は
  お早めにフロア後方へとご移動ください"

こういうの大事だよね!





初めての人もたくさんいるだろうし
ましてやワンマンなんてどういう感じなの〜〜?って人いるもんね。今は色んな媒体でライブの様子が知れるけど、やっぱり実際行ってみると、え!?そうなの?って感じること多いですもんね。

でもこのアナウンスの後も移動する人はほとんど居なかったです。みんな 楽しむ気満々な感じ。

そして1曲目の Flameoutが始まると
後方からウワーーーっと人が前へ走って行きました(笑)

そして何故かリアド人気が異常。

真緒ちゃんが関西人で良かった〜と言うと
金井さんが俺も関西人になりた〜いと大阪への愛を伝える場面が多かった。









今回のツアー
5月の奈良ぶりに来たので
久しぶりのツアーどんな感じかなぁと
少しドキドキして観ていたのですが



ワンダーラストがこんなに鳥肌の立つ
壮大なスケールの上で演奏される曲だと
初めて知らされた。



"I've gotta crazy crush for discover 




「人生とは旅である」そんな言葉があるように、生きること、生きていくことその過程における全ての事象は大きな波となって私たちに押し寄せてくる。不安も苦しみも絶望も全てを自分の成長の糧とするか否か。


ワンダーラストはとても明るい曲だ。
しかしながら、人生とは前を向いているだけでは成立しない。苦悩を経験してきた人間だからこそ歌える最大級の応援歌だと思った。

そして 観客全員の歓喜の渦が、
素晴らしかった。1音1音が重なりあって
一気に爆発したあの瞬間、本当に鳥肌が立った。今思い出しても凄かった。



"don't give up, let's heat up
 there'll always be a way  
 get up and speed up it's not too late
 think fast and take off"

諦めるな、熱くなるんだ
方法はある、起き上がれ、加速しろ
遅すぎることはない、
考えるんだ、そして飛び立て!




立ち止まることない人生を。
そう言われていると思う。




見るたびに曲に対する気持ちが変わっていくこの瞬間が好きだ。




そして春は風のように、久しぶりに聴いた。

ひたすらに美しい旋律。
言葉では言い表せないんだよな。この曲の素晴らしさ。しかもすぐ終わっちゃうし。名曲って何故か短い曲が多い。




「大阪で初披露の曲やります!」

きたよ!
可愛い可愛いあの曲聴けたよ!

"でも君が好き何故か好き
 って理由がないのも立派な理由でしょ?"

きゃーー!!こんなこと言われたい!
金井さんが可愛すぎて私の全脳内細胞が死にました。





というかMAMAのライブ自体が久しぶりすぎて、次から次へと来る愛する曲たちに興奮しっぱなしだった。



スーツケースで「みんな両手を上に上げて。」とzeppいっぱいにいる人が手を挙げ、そこに照明が落とされた光景はすごく力を感じたし、
A KITEでレーザー光線が赤く染まり
運命の赤い糸を探している様子は曲の世界観を美しく描いていた。前回行ったツアーはハコだったので、こういうことは見れなかったんだけど、やっぱり会場が大きくなると
表現できる幅が違うと思い知らされた。


ex-extraなんて君想ツアーぶりに聴いたぞ!(笑)



"ああ この僕が僕であることの証明
 これから いくつ残せるかな"




ちゃんと最後には前を見据えて歩けるようになりたいと思った。いつまでも現状を悲しんで、止まってばかりで、音楽にばかり居場所を求めて、でも居場所なんてなくて、
しっかりしなきゃと思いました。

 




アンコールは

「大阪の人は早いのが好きそうだし
   すぐついてこれそうだから」
的な感じで一気に加速する
Overture!!!!!






"Ok,ladies&gentleman
 Are you ready for the show?"










荒れ狂うフロアとステージを交互に見つめ、
なんて素晴らしいんだなんて楽しいんだと改めて思った。私がBIGMAMAを大好きで大好きで仕方がなかったあの頃のような。またこのバンドに恋に落ちたと思った。











正しい地球の廻し方、
あなたは知っていますか?








◯セトリ◯

Flameout
alongside
Paper-craft
ワンダーラスト
春は風のように
Why You Refrigerate Me?
#DIV/0!
the cookie crumbles
Frozen Diamond〜漂う宝石〜
Lovers in a Suitcase
Royalize
ex-extra
Theater of Mind
荒狂曲"シンセカイ"
秘密
神様も言う通りに
No.9
Sweet Dreams

アンコール

Overture
かくれんぼ
until the blouse is bottoned up
MUTOPIA in Kansai


f:id:WARPchange:20151006205923j:image

10/3 OOPARTS2015


cinema staff主催 OOPARTS
3年目 @岐阜CLUB G!


f:id:WARPchange:20151005171425j:image

f:id:WARPchange:20151005171448j:image



めちゃくちゃ楽しかったです!
まずは本当にお疲れ様でした!

「本当に僕たちがカッコいいと思った
  バンドしか呼んでないです」
と言っていた通り!
全部の音が素敵だった!




定刻、ESが 陸にある海 に変わり

OOPARTSのアートワーク映像が流れる。
幾つもの欠片が集まってひとつの円となったり
鼓動のような音ひとつひとつに
呼応したりしていた。綺麗。



開幕。

三島さん登場。

cinema staff主催のOOPARTSという
  イベント、おかげさまで今年で3回目を
  迎えました。ありがとうございます。
  代表の三島です。
  長丁場ですが、下にごはん食べるところ 
  とかもあるので、楽しい1日にしましょう。




....まぁ、そんな感じで〜〜す。」


真面目なこと言ってたのに最後の締まりのなさに笑っちゃったよ。お疲れなのかなぁ。






トップバッター
my young animalは、
「岐阜から出ていこうとは思いません!」
と岐阜愛に溢れていた。
初めて観たけどよかったな。
あんまりこっちには来ないだろうけど。
関西来るときは是非行きたいなぁ。



2番手SAKANAMON


森野さーーーーーーーーーーん!!!!
(じつは推してる)



今日の森野さんはかなり煽りが入ってて
テンションが上がっているのが分かる!


元生くんはほんとうにいつも
たどたどしい喋り方で
え...?となっている人もチラホラいたような(笑)


「みなさんサカナモン初めて観た人いると思い    
  ますけど、これが通常運転です」
と森野さんが説明。笑


メンバー紹介もしましたが、今日はキムさん大人しかったなぁ。(笑)


cinema staffって凄いですよね。
  こうやってオーパーツっていう
  イベントをやってるし。
  同い年なんですけど、恐縮するよね。」

「だって演奏上手いし」

cinema staffの曲 演ります!」

SAKANAMONのdramaカバー。



全然違う!!(笑)

元生くんが歌うしねま 全然違う!
"みんな違ってみんな良い"だよ!!!

良かった〜〜〜とても良かった〜〜
超盛り上がった〜〜〜〜!!


でも通常、cinemaではギター2つで
弾いてるのを元生くんが
歌いながら1人でギターで弾いてるので
(SAKANAMONはスリーピースだからね)
途中から諦めたのか興奮したのか
ギターを叩き始めていたのが
面白かった。笑







そして ねごとと鳴ル銅鑼。

鳴ル銅鑼は岐阜のバンド。

「岐阜には何もないとよく言われますが
   岐阜にはcinema staffがある。

  僕たちもそう言われるように頑張ります」

良いこと言うね。

あ、そういえばボーカルさんに
うちの佐々木亮介がアー写で和傘を
パクってすみませんって伝えるの忘れた!
(ネタです)





そして
超久しぶりにPOLYSICS( ´ ▽ ` )♡



ハヤシさんが

「3月にcinemaの企画に呼ばれて〜
   いつも ポリと演るときは
   トイスってやってくれるんだけど
   その手がどう見てもトゥース
   なんだよね!!!」

と訴えてました



ちゃんとして!!!!!(笑)


ポリシックスが始まると
それまでわりと平穏な空気だったCLUB Gが
一気に荒れ狂っていました。
(私は安全地帯にいた)

フロアいる人が入れ替わり立ち替わり
ぐっちゃぐっちゃ!!!!

わたしも だいすきな曲来ると
ちょっと止められなくなったり

とにかく楽しい!!!!
やっぱりモンスターだ〜〜〜〜


そしてはしゃぎ過ぎて
あんまり記憶ないんです。

とにかく、終わったら尋常じゃない汗を
かいていた、ということだけ。

シーラカンスイズアンドロイド
暴走しがちなアンドロイド🎶






そしてフロアが荒れるだろうと身構えた
04 Limited Sazabys


なんか他のバンドの時に
ふぉーりみT着てるいかにも
オラオラ系パーリーピーポーディッキキッズが
ちょっとウザかったけど
ふぉーりみのライブ自体はかなりカッコ良かった!

リハーサルで好きな remember演っちゃったけど!(笑)


やっぱちょっとアウェーだったのか
あんまり荒れてなかったなー
前にムロフェスで見た時は
1面リフトだったもん。笑

「全身で音楽を浴びて楽しんでる人も
   後ろでしっかり音を聴いてくれている人も
   ありがとうございます」

「こんなハナクソみたいなバンドを
   呼んでくれてありがとうございます」

は、ハナクソ!!????(笑)

てゆうか前のシネマワンマン名古屋で観た生GENさん超可愛かったなぁ。あれはファンになるわ。



 




トリはもちろんcinema staff...!!


待った....待ったよ....!!


リハからテンションMAX



「じゃ、1回入ってまた戻ってくるので
   よろしくお願いします」と三島さんが挨拶。






1曲目から theme of usで煽りまくる
三島さん。
まるでクライマックスかのような盛り上がりでした。辻くんは早々と飯田さんの後ろに回り込み ステージをうろちょろ。かわいい。


そしてガンガン ブチあげるセットリスト。



楽しい!!!!
楽しかった!!!!

ちょっと後ろから見てたけど
まぁ〜〜楽しい。


expのコーラスの飯田さんが相変わらず美しい。 綺麗な声、というか、身体の周りをクルクルと音が回って、本当に美しい旋律を描いていた。 リズム隊の久野さん、辻くん、三島さんも皆が cinema staffという ひとつの"音"を
それぞれがそれぞれの欠片を繋ぎ合わせていた。4人のその光景がとても果てしないものを作り上げようとしているように見えて、
私は少したじろいだ。



そう、凄いのだ。


cinema staffが凄いぞ!!!!


私は声を大にして 
言いたい!!!!!!!!


cinema staffがめちゃくちゃ凄くなってる!!!!

っあ〜〜まいったな〜〜。









そして YOUR SONG。初めて聴いた。


「あなたの歌と思って聴いてください」





三島さんの表情が焼きついた。

この曲がとても大事なのだと分かった。



数多く楽曲を作ってきた中で、
大切じゃない曲なんてひとつもないし、
私は曲を作る立場でも、楽器を弾く立場でもないから、詳しいことは分からない。
けど、やっと自分のためじゃなくて人のために、聴いてくれる人のために曲を書けるようになった というあの言葉のように、
人に寄り添って、そして歩んでいける曲が出来たんだなぁと感動した。




"僕らはそう、いつだって誰かと比べてしまう
  いいことなんてひとつもないのに
  過去を羨んでしまう"


"僕らはそう いくつになっても
  大人になれた気がしない
「これまで」の数え切れない後悔を
  気にしてしまう"

"それでも、あなたの「これから」を
  少しだけ分けて欲しい"
 

"そこにあなたが居さえすれば 
 何処にだって、道は続いていて
 何処にだって、ふるさとはあるよ"





YOUR SONGを私も大事にしたいと思いました。

飯田さんが 良い曲だねぇ と言ってたよ。

良い曲だよねぇ。ほんと。

シンプルな言葉が1番似合うなぁ、良い曲だ。





「東京からみた故郷の方角」

西南西の虹。


衝動が渦を巻いていく。



f:id:WARPchange:20151005223258j:image

みんなが全力でその1音1音を鳴らしていくのがどうにも凄くて、そして熱狂。


群衆の声に
鳥肌が立つ。


その故郷に、今、ここに立っている。


そして私も、彼等の故郷で
その思いの一部だけでも感じ取れたらと
必死になっていました。




そしてそのまま GATEへ。


静寂と喧騒が表裏一体となっていく。


すごかった。



本当にすごかった。

全力で演奏している姿が眩しかった。
そのあとフラフラになっている姿も、
上手く立てないでいるのも、
ぜんぶ 眩しかった。













拍手に応えて
登場してきた三島さんは

呼吸を整えますと 息も絶え絶え。


「たくさんの人のおかげで
   OOPARTSというイベントができて
  本当に感謝しています」
と袖に頭を下げる。




「まだまだ、バンドをやれるなと
   思いました。

  まだまだ、やります」





ラストは、海について



三島さんのハーモニカの音が透き通った
みたいに

一瞬周りの一切の音が聞こえなくなった。





ドラム、ギター、ドラム、ベース、またドラム

ギター、ギター、ベース、ドラム


たくさんの音が重なりあって重なりあって

どんどん最高潮に達していく。


バンドって素晴らしいな。


f:id:WARPchange:20151005223751j:image


OOPARTS本当にお疲れさまでした。

出来ることならまた来年、
岐阜に帰ってきたいです。


◯セトリ◯

リハ
想像力
drama


theme of us
tokyo surf
exp
YOUR SONG
great escape
西南西の虹
GATE

アンコール

海について